Frank & Tony - You

  • Share
  • 目下Francis Harrisは自身のキャリアで最も素晴らしい音楽を制作している。そしてその一躍を担っているのがAnthony Collinsだ。パリのプロデューサーであるCollinsはHarrisを説得してレーベルScissor & Threadを共同設立するなど、Harrisに対してかなりの影響力を持っており、2人がFrank & Tony名義で一緒に制作する音楽は各自のディスコグラフィーにおいてもベストとなる作品なっている。リリース予定となっているデビュー・アルバム(英語サイト)に先駆け、彼らが発表する今回のEPはこれまでに生み出してきた6枚の傑作12インチのトップに君臨する作品だ。 今年の上旬にHarrisにインタビューした際(英語サイト)、彼はDJ SprinklesことTerre Thaemlitzとの旧い付き合いについて語っていた。これまでにも互いをリミックスすることはあったが、HarrisとThaemlitzがちゃんとしたコラボレーションをしたのは"Companion"が初めてだ。このトラックはこの2人やCollinsらしさのある期待通りの琴線に触れる作品だ。"Companion"は最近のSprinklesのトラックとも肩を並べる仕上がりで、リバーブのトンネルを掘ったところに遠方から聞こえるゴスペルのボーカルを浸し込み、Thaemlitzの才能である燻るメロディーとHarrisとCollinsのしなやかなリズムを完全にマッチさせている。 付いていくのが大変なトラックだが、前述のアルバムからの先行カットとなっている他の2曲は共にいい塩梅だ。"Bring The Sun"はHarrisの傑出ソロ・アルバム『Minutes Of Sleep』を引き続きやっているかのようなサウンドだ。このトラックでも2人はGry Bagoienによる痛ましいボーカルを悲しみに暮れる低空シンセに組み合わせながら、ゆっくりと燃え上がるドラマを演出する何とも言えない才能を披露している。メロドラマのようになりそうだと思っても、Traumprinzらディープ・ハウス・プロデューサーのように気持ちを抑制しながら展開しており、引き続きストイックさを保っている。"Faded(Dub)"はHarrisが最近夢中になっているレイヤー・アレンジによるスモーキー・ハウスだ。耳を澄ませば何層にも重なるグラニュラーな質感のようなサウンドが聞こえるだろう。ヘビーで安心感のあるハウス・ミュージックの鼓動によって全要素が支えられている。
  • Tracklist
      A1 Companion feat. DJ Sprinkles (Vinyl Exclusive) B1 Bring The Sun feat. Gry Bagoien B2 Faded (Dub)