Caustic Window - Caustic Window

  • Share
  • 聞いたことのない人のために言うが、『Caustic Window』には少し変わった裏話(英語サイト)がある。大御所アーティストによるお蔵入りになっていたアルバムがあり、そのアルバムの現存するテスト・プレス5枚のうち1枚がDiscogsに掲載された際、メッセージ・ボードの利用者によって、クラウド・ファンディングが行われ、そのレコードを買い上げて、デジタルで流通させようとしたのだ。そのテスト・プレスは現在、eBayにて46,300ドル(約470万円、2014年7月現在)を支払ったというスウェーデンのテレビ・ゲーム開発者が所有しており、前述のキックスターター・キャンペーン(英語サイト)を行った人たちは、ロスレス版のデジタル・ファイルとして収録曲を手にし、それ以外の人も、YouTubeで聞くことが出来るようになっている。最も重要なのは、数ヶ月前までほとんどの人が存在していることを知らなかったRichard D. Jamesの黄金期のアルバムに、今、世界がアクセス出来るということだ。 こういう類の話題は、あまり我々のデスクに届くことはない。Jamesが普遍的なエレクトロニック・クラシックをいくつか生み出していたとしても、こうした裏話はたいてい期待外れなのではないかと思ってしまう。とは言ったものの、『Caustic Window』は失望とは程遠い作品だ。仮にそれが、Aphex Twinの一連の作品として発表された『Richard D. James Album』ではなく、『Drukqs』に近いものであったとしてもだ。Jamesの世界の表か裏、それ以外の何ものでもないサウンドを持ったダークで緻密なスタイルは不気味にも未来を予見している。Rephlexがなぜ、このアルバムを引きずり出し、テスト・プレスを所持している一握りの人に、そのことを告白させたのかは分からないが、今、こうして作品を聴けるようになったことを嬉しく思う。 「不気味にも未来を予見している」と言ったが、それは、テープ・ヒスや繊細なサウンド・デザイン、そして遊び心に満ちたメロディのようなラインは、90年代半ば、Jamesのピーク時のサウンドを定義づけてたものだが、この要素は、現行の音楽状況においても、特に新鮮なものだからだ。こうしたサウンドが"インテリジェント"と呼ばれるようになり、それほど特別なものではなくなると、個人主義者である彼は、そのサウンドにそっぽを向けたが、『Caustic Window』は、Jamesがプロデュースした作品同様に、クラシックなテクノにしっかりと結びついたものだ。"Flutey"でのメロディはクラシックなRephlexサウンドと言えるが、スタッカートのリズムと緊張感、そして躍動するコードは、スモークが立ち込めるダンス・フロアで心地よく響くものとなっており、その前後をKassem Mosseの作品で挿んだかのような仕上がりだ。アシッドな"Fingry"や、バキバキと骨まで染み入る"AFX Tribal Kik"、そしてレコード針が壊れているようなノイズの"Cunt"は、Ron Morelliの作品から拝借したものかもしれない。 テンポが速まったり、痙攣しいるかのようなアレンジになる場面でも、体を動かしたくなる要素に直接訴えかけるものがある。Aphex Twinがビート主体の作品を作るときと同じくらい素材を削ぎ落としているのが"Popeye"だ。この80秒のテクノ・トラックは、もしかしたら、今年聞いた中で最も聞いていて楽しいものかもしれない。 『Caustic Window』に欠けているのは、光り輝くようなアンビエント・トラックだろう。本作が作られた当時、Jamesが最も素晴らしさを発揮していた領域だ。"101 Rainbows (Ambient Mix)"が、唯一のビートレス・トラックだが、本作で唯一、退屈な部分でもある。Enoのキーボードとフランジャーのかかったシンバルが上昇していく様は、古くさく大雑把な印象がある。しかし『Selected Ambient Works』の2作で、我々はすでに一生かけて完全に没頭できるような合成テクスチャーを手に入れているし、『Caustic Window』単独でも、十分にユニークな悦びを提示している。もし、本作が傑作でなかったとしても、殿堂入りする価値はあるだろう。面白い裏話がなかったとしても、最近の作品と同じくらい、いまだに興味深いものがある
  • Tracklist
      01. Flutey 02. Stomper 101mod Detunekik 03. Mumbly 04. Popeye 05. Fingertrips 06. Revpok 07. AFX Tribal Kik 08. Airflow 09. Squidge In The Fridge 10. Fingry 11. Jazzphase 12. 101 Rainbows Ambient Mix 13. Phlaps 14. Cunt 15. Phone Pranks