DJ Koze - Amygdala Remixes #2

  • Share
  • DJ Kozeによる傑作アルバム『Amygdala』のリミックスEPの2枚目は、彼の友人でもあり同様の音楽哲学を持ったドイツ人プロデューサーに委ねられた。Koze、Roman Flügel、そしてRobag Wruhme、見事に三位一体となり、今年のシングルで最もぶっ飛んだ内容となるであろう音楽を展開している。 Flügelによる"Amygdala"のリミックスは美しく繊細でドリーミーなハウス作品だ。オリジナル・バージョンの悲しげなムードを真似ているが、よりロウなアプローチを取り入れている。最初の数分間はベルの音によるループがメインに用いられ、その後、遊び心に溢れるシンセのメロディへと姿を変えていく。エレガントなボサノバのリズムによって支えられ、スイートな木琴の音色によって香り付けされた魅惑のナンバーだ。 ハウス・ミュージックにおいて特異な存在の1人であるWruhmeは、アルバムでも突出の出来だった"Nices Wölkchen"をリミックスし、期待通りのなめらかなトラックを仕上げてきた。お化け屋敷よりも不気味なノイズによって満たされたウッドブロックによるリズムの上を、Apparatのボーカルの断片を用いながら、トラックはゆっくりと展開していく。その背後には、聞き取ることさえほぼ不可能なベースのハムノイズが潜んでおり、脅威を感じる。Flügelのリミックス同様、このトラックを聞いていると、オリジナル・バージョンを再び聞きたくなってくる。つまり、Kozeにしてみれば、今回のEPの仕事は上手くいったということになるだろう。
  • Tracklist
      A Amygdala (Roman Flügel Remix) B Nices Wölkchen (Robag's Bronky Frumu Rehand)