Audiofly - Excuse My Wildness

  • Share
  • 前作から2年間の時間が空いているにも関わらず、バルセロナを拠点とするAudioflyの最新EPは、2012年にGet Physicalからリリースした「Love Is A Drug」と同様のことをやっている。しかし、Carl Craigによる傑作リミックスによって、以前よりも注目を集めるリリースとなっている。Kompaktのクラシック作品を彷彿とさせるシンセ・ベースによるリフの上を展開する"Excuse My Wildness"。dOPのメンバーであるJAWが寝ぼけた状態のように何となく言葉を発する様は、歌詞の内容そのものと雰囲気が全く異なるものであり、まるで数時間前までぶっ飛んでいた人が大人しくなってぶつぶつと何かを口にしているかのようだ。 予想通り、Craigのリミックスは最高の仕上がりだ。トラックが展開するにつれ、ボーカルが加わり、ベースとキラキラと輝くシンセによる堪らないコンビネーションを経て、高速ギアへと素早く切り替わっていく。Masomenosによるリミックスは本作の中では最も矢継ぎ早な展開となっており、ダーティーなベースと吹き付けるパッド・サウンドが生み出す光景に、歪んだボーカルの断片を撒き散らしている。最後に収録された"So Familiar"には、より瞑想を思わせる佇まいがあり、ミュートされたリズムとレーダー音のようなボーカル・ループが弾む中、柔らかなスポークン・ワードによってトリッピーに仕上げられている。
  • Tracklist
      01. Excuse My Wildness feat. Jaw 02. Excuse My Wildness feat. Jaw (Carl Craig Remix) 03. Excuse My Wildness feat. Jaw (Masomenos Remix) 04. So Familiar