Guillaume & The Coutu Dumonts - Impossible Rendez-vous

  • Published
    11 Dec 2013
  • Words
  • Label
    Meander013
  • Released
    October 2013
  • Genre
  • Share
  • カナダのGuillaume Coutu Dumontsからジャズの影響色濃いハウスが届けられた。さらに狂った様相を見せる本作にはディスコもセットとなっている。スモーキーなサックスによって繰り返されるラインと雄たけびをあげるハモンドオルガンがうねりながら展開していく"We Journey The Human Race"。ミラーボールが彩り豊かに輝いている場面が見えてきそうなトラックだが、同時に40年代スウィングジャズ、サイケデリックロック、さらにはクレズマーの要素まで感じさせるものがある。このトラックのバイブスは"Hard To Describe"にも伝播しているものの、こちらでは吹き抜けるシンセ音とトリッピーに脳を揺さぶるボーカルによって陰鬱な雰囲気が作り上げられている。強烈に印象の残るこの男性の声が広がっていく中、ドラムソロによる短いブレイクが挿し込まれる。 10分に渡るトラック"Drop It Low"では、防犯アラームのようなSEやパブピアノのサウンドが躍動感に溢れるラガベースと見事につなぎ合わされている。この壮大なセッションはDJ Kozeの近作を彷彿とさせるものであり、狂乱のダンスフロアの光景が目に浮かぶ。
  • Tracklist
      A1 We Journey The Human Race A2 Hard To Describe B Drop It Low
Are you a promoter?Submit event

© 2021 Resident Advisor Ltd. All rights reserved.