Jovonn - House Ala Carte

  • Share
  • 現在、ビンテージもののUSハウスプロデューサーの作品に大きな注目が集まる中、Jovonnの人気に再び火が点こうとしている。その理由はそれほど難しいことではない。リリースされる作品のほとんどは比較的シンプルであるため、どんなハウスセットにでも、それほど問題なく使用することが出来るのだ。今回、発掘されたのは「House Ala Carte」という4曲入りの12インチで、元々Project Xより1991年にリリースされていたものだ。 各トラックには等しく魅力とアクセントがあって、どれか1番良い曲を選べと言われると難しい。1曲目の"Project X"は最も音数が多いトラックで、ホーンセクション、ボーカル、そしてキーボードが組み合わされた6分間の素晴らしいクラシックハウスだ。パーカッションが重要な役目を果たしている"I Can't Make Up My Mind"と"This Thing Is Jammin'"は両曲共に強烈にスウィングしており、ダンスフロアでのどんな場面でも機能するであろうキックドラムが特徴的だ。本作が20年以上前に制作されたというのは、本当にすごいことだと思う。ハウスミュージックという武器を制作するにあたって必要なことはリズムとベースを正しく組み合わせることだということをJovonnは証明している。
  • Tracklist
      A1 Project X A2 I Can't Make Up My Mind B1 This Thing Is Jammin' B2 This Thing Is Jammin' (Dub)
Are you a promoter?Submit event

© 2021 Resident Advisor Ltd. All rights reserved.