XDB - Frocks

  • Share
  • Sistrum RecordingsでのXDB名義としては2作目となるこのEPで、Kosta Athanassiadisはほとんど判読不可能な歪みと灼けついたコイルのようなシンセから緊張感を作り上げている。構造的な観点から見れば、"Frocks"はそのタイトルも頷けるストレートさを持ちつつ、XDBらしいダンスフロアーでの機能性も有している。鳥のさえずり声がオーガニックな質感を与え、まるでPlanetary Assault Systemsをスローに仕立てたかのようなエナジーの転換を見せる。 "Frocks"が大声で怒鳴っているようなトラックだとすれば、"Modula"はまるで金切り声を上げているかのようだ(ただ、それはあまりにも早い段階で沈滞していくのだが)。タイトなハイハットがトラックにパンチを与えつつ、メロウなブレイクダウンでグルーヴを再び呼び覚ますこのトラックは本作中でももっとも風変わりなものであり、ダンサブルでありながらどこか記憶に引っかかるものを持っている。Sistrum Recordingsのボス、Patrice Scottは"Frocks"のリミックスを手掛けており、断片化されたベースラインとレゾナンスの効いたシンセがしばらくじわじわと展開し、オリジナルの多幸感はここでは抑制されている。彼のリミックスはメロウでキラキラと煌めいているが、やはり彼らしいダンスフロアー的要素もしっかりと持ち合わせている。
  • Tracklist
      A Frocks B1 Modula B2 Frocks (P.Scott Mix)