Martyn - Newspeak EP

  • Share
  • ちょうど1年前、MartynはBrainfeederからのシングル「Hello Darkness」をリリースしたが、今回はそれ以来となる強烈な作品だ。変幻自在のこのオランダ人プロデューサーをシーンの最前線に引き戻したのはSteffi。彼女が立ち上げたDolly Dubsのサブレーベルからの2枚目のリリースをMartynの手に委ねたのだ。 1曲目の"Oceania"において、Martynはオールドスクールなジャングル的ブレイクを組み替えてなだらかな135BPMの枠組みに落とし込んでいる。最初は不協和音を奏でているコードも、やがてトラックが展開すると明滅するシンセとともににわかに色づき、その一方でようやく弾けたスネアや穏やかな音色がさらに彩りを添えて性急でありながらもきらびやかな音のタペストリーを繰り広げる。それとは反対に、"Newspeak"では思いっきりモダンに熱っぽいサブベースの下に厳ついキックを敷き、聴き手が頭で考えるよりも先に有無を言わさずダンスへと導く。金属的な光を放つファンクは鏡写しのようなシンセでよりスムーズに仕立てられ、どんなタイプのDJやクラブも問わず機能する仕上がりになっている。それと比較すれば"What is Room 101"は一際抑制されたムードで、ジェントルにそよぐパッドとホイッスルがシンセやベースが敷き詰められたベッドのはるか遠くに煌めいている。
  • Tracklist
      A Oceania B1 Newspeak B2 What Is Room 101