RA.716 Andy Garvey

  • Published
    17 Feb 2020
  • Filesize
    211 MB
  • Length
    01:32:15
  • オーストラリア最高クラスのエレクトロ / テクノDJの1人が、自身の幅広さを見せつける
  • Share
  • Andy Garveyはオーストラリアで最も尊敬されるDJの1人だが、そこまでには長い道のりがあった。止めどとなくやる気に溢れる彼女は、地元シドニーのシーンに深く溶け込んでおり、FBi Radioやtriple jの放送ではオージーミュージックをサポートし、自身のクルーNectarと共にパーティーやワークショップを開催している一方、オーストラリア各地のクラブやフェスティバルでは洗練されたエレクトロやテクノ、エクスペリメンタル・エレクトロニクスでオーディエンスを魅了している。常連のファンでさえいつも決まって驚かせる、そんなローカルDJの1人だ。常連のファンでさえいつも決まって驚かせる、そんなローカルDJの1人だ。ギグでは毎回フレッシュでエキサイティングな何かを持ち込むことでその評価を確率した。2019年はGarveyにとって決定的な1年となった。自身のレコードレーベルPure Spaceを立ち上げたほか、Lobster ThereminからデビューEPをリリース、そしてキャリア初となるヨーロッパ/UKツアーに挑んだ。新たなディケイドに突入し、彼女は活動の場を世界へと広げていくようで、母国の音楽を激しく推し進めている。 このRAポッドキャストを機会に、Garveyは自身の幅広さを実証してみせた。囁きから叫び声まで、メランコリックなオープニングトラックの後には、奇妙なビートから朦朧とした繋ぎ目、アシッドヒーター、打ち付けるようなテクノ、そしてブレイクビートなどが続き、そこにはオーストラリア人の才能あるプロデューサーたちによる楽曲がたっぷりと含まれている。
  • Tracklist
      Ewan Jansen - On The Beach (Butter Sessions, 2017) Shape Changer - Time Has Changed (EXperimental, 1995) Parris - Glass Bubbles (3024, 2019) Rings Around Saturn - Waiting Room (demo mix, unreleased) Etch - Untitled Hardcore #2 (Sneaker Social Club, 2016) Roy Mills - Aquatic Pressure (Pure Space, 2019) Volruptus - Time Travel (trip, 2017) Reptant - Monolith (Planet Euphoric, 2019) Terence Fixmer - No Dreams (novamute, 2019) Fugal - Monolith (secondnature, 2018) Sleep D - Bush Snake (Butter Sessions, 2017) Mosam Howieson - Pure Space (Pure Space, Coming 2020) Vladimir Dubyshkin - Belissimo (trip, 2018) D.Dan - Switchblade (Cyclical Mix) (Kaos, 2019) 999999999 - 09 09 1999 (Planet Rhythm, 2019) OT2 - Monocrop (Sunlab Records, 2018) Blue Hour - The Midnight Sun (DJ Ibon’s Never Mind Mix) (Blue Hour, 2019) Oprofessionell - Pull Up (bound to meet the taxman mix) (UTE.REC, 2019) Detroit In Effect - Programming (Clone, 2002) Partisan Midi - Phono Abduct (Frustrated Funk, 2007) Fred - Do It From The Back (Electro Mix) (Missile Records, 1995) Reptant - Time Blind (Unreleased, 2020) Keplrr - Translucence (Control Freak, 2019) Rings Around Saturn - 150 (Pure Space, Coming 2020) Coco Bryce - Ironing Service (Myor, 2018) Terekke - Padi (L.I.E.S, 2018)