RA.696 Titonton Duvante

  • Published
    30 Sep 2019
  • Filesize
    141 MB
  • Length
    01:01:20
  • ミッドウェストシーンの重要人物による熟達したミキシング
  • Share
  • 近頃はクラブやフェスティバルへ行っても、現代のダンスミュージックの中にミッドウェスト・ハウス / テクノのルーツを見つけるのはなかなか難しい。だがTitonton Duvanteは例外だ。彼のサウンドはデトロイト第2世代と、ベルリンのHoppetosseのようなクラブ周辺で生じている削ぎ落とされたスタイルの間にあるミッシング・リンクのようなものと言える。現在Duvanteの再評価が高まっており、その理由は彼のタイムレスなプロダクション––最近再発された1998年のEP「Endorphin」はまさに"今"のサウンド––にあると同時に、彼の芸術性に対する長期的なコミットメントの表れでもある。90年代初頭、米国オハイオ出身の彼は、DJを聴きにいくため幾度となくデトロイトを訪れていた。Ele-mentalコレクティブの創設メンバーの1人として、コロンバスと、デトロイトやロンドンのようなエレクトロニックミュージックのハブとの間に有意義な関係を築き上げる為に尽力しながら、7th CityやPlanet Eのようなレーベルから自身の楽曲をリリースしてきた。 それから数十年経った今も、彼はとどまるところを知らない。過去5年間、Ele-mentalのオリジナル・アンダーグラウンド精神に近いパーティーMidwest Freshの開催に携わっており、2016年にローンチしたレーベルResidualは今や新世代のアーティストたちにとっての重要なプラットフォームとなっている。そして今回彼は、クリーヴランドのIn TrainingクルーからSlow Life、そしてAfrodeutscheまで、あらゆるDJたちの名前を挙げながら、ニュースクールへのリスペクトを示した。一発録りのRA.696 は、そのタイムレスな価値観を体現している。
  • Tracklist
      01. Chance McDermott- Juneteenth 02. Armando - 151 03. Unknown -A2 04. Lamalice - Ying Yang Wings 05. Arctor & Jay Hill - Mercurial (Silverlining Remix) 06. Madezh- Cramped 07. Yaleesa Hall & Malin Genie - Muck 08. Topcats - Esmeralda (Der Dritte Raum Remix) 09. Titonton Duvante - URN Trouble 10. Justin Berkovi - Child of War 11. Kmyle - Patient Zero 12. S-Max - U R SUPERLITE 13 Pirahnahead - Poem 4 a Lost One feat. Diviniti (Mr. G Dub) 14. James Unk - Question 15. Dubfound - Untitled 16. Pressure Point - Euphoria 17. Tom McConnell -Untitled 18. Dexter - Fat Skinny People 19. Koova - This is Not My Future 20. Garrett David - Loop Soup 21. 21 MONITORS - Alive (Martinez Remix) 22. Christopher Rau - Give It 23. Frankie - Hunt (Mike Shannon Remix)