RA.686 Russell E.L. Butler

  • Published
    22 Jul 2019
  • Filesize
    166 MB
  • Length
    01:12:24
  • ソフトな輪郭とゆるいグルーヴ
  • Share
  • ますます多くのDJが、自らの価値を擁護するためのプラットフォームとして、自らの音楽を用いるようになっている。この世代的な目覚めは、2019年のエレクトロニックミュージック界を決定付ける特徴だ。しかしRussell E.L. Butlerにとって音楽は、ただの政治のためのプラットフォームではない。音楽自体が政治的手段なのだ。それ自体が世界を構築するプロジェクトであり、信じている理想郷を明示するための方法だ––さもなければ、少なくとも、うまくいった時にはそうなり得るだろう。音楽は単なるメッセージの媒体ではなく、「コミュニティのための理想の空間」を作り上げることが実際のところ可能なのだ、とButlerは以前に語っている。「思い描くための空間... そして自由と超越とは何かを感じるための」。彼らが昨年発表したアルバム『The Home I'd Build For Myself And All My Friends』のタイトルは、音楽によって、安全性と親密さを培うことができるという概念をキャプチャーしていた。 『The Home I'd Build...』でButlerは、挑戦的な奇妙なリズムと即興的な感覚を備えた、テクスチャー中心のモジュラーテクノサウンドを探求。また、荒々しいドラムトラックを収録したクラブ志向のEP「Petty」では、激しさを数段階引き上げている。先月Fixed Rhythmsから発表した12インチ「606 Trax」は、文字通りメロディーの要素のない、さらにいっそうスケルトンな内容だ。このRAポッドキャストで、彼らは自らのサウンドの違う一面をあらわにしている。"どこかのポーチ"でやっている昼間の気楽なバーベキューでプレイするような、「腹はいっぱいだけど、夜へ向けてのワクワク感が始まっている感じ」とButlerは言う。ソフトな輪郭とゆるいグルーヴで溢れており、ダビーなハウスカットから、甘いR&B、幽玄なテクノへと移行。しかしその決然としたミックスがジャンルの横断を自然に感じさせる。まるで、彼らとその友人たちがいるパーティーへ来るよう、誘っているような、親しみやすい活力がそこにはある。
  • Tracklist
      U More - Bookworms WATCH THIS - 8ULENTINA The Nymph - Streetwalker Love is Death (Extended version) - Savage No Attachments - Bobby Browser Easy Bend - Austin Cesear Oceansong - Nine Ninety6 - Black Noi$e Twice (NXW Club Vision) - Selim X Under - Sampha Planet B - 5ive Flight At O'Hare - Jasmine Infiniti She Destroys (Hilltop Mix) - Final Cut Untitled 2012 (Galcher Lustwerk remix) - Fit of Body BLACK WOMXN EXPERIENCE - Tygapaw Never Tired [Explicit] - Manast LL' Bag Juice - Tygapaw Vibrations Radio - Huey Mnemonic NIOSH Facepiece - DJML BANG BANG - D Double E Black Strategy - Dark Energy yellow leaf - AceMo