RA.673 Boris

  • Published
    22 Apr 2019
  • Filesize
    267 MB
  • Length
    01:56:15
  • Berghainの最もエクレクティックなDJによる"カセットテープ・スタイルのミックス"
  • Share
  • 「僕の使命と義務は、新たな感動と新たな記憶を生み出すことだと信じている」と、Borisは今回のインタビューで私たちに語ってくれた。DJがそう言うのは理にかなっている。なぜなら、技術でもって主に思い出と経験をもたらす商売だからだ。人は確かなレコードを確かなダンスフロアで聞くと、DJになろうという気になる。そうした人がプレイすることで、(理想的には)同じような思い出をその人のオーディエンスへもたらすことになる。Borisはこれを遂行する良い位置にいるのだ。彼の音楽歴は80年代の西ベルリンで始まり、Paradise GarageとDavid MancusoのLoftが全盛期だった頃にニューヨークで過ごし、その後ベルリンのテクノシーンの激しい黎明期に間に合うように戻っている。OstgutのレジデントDJを務め、現在は後継となる高名なBerghainをホームとしている。 BorisのDJとしてのスタイルには、こうした豊かな経験が表れている。一言でいうならばエクレクティック。ホームのBerghainでテクノをプレイすることもあれば、上階のPanorama Barではハウスやディスコ、HI-NRG、その他何でもプレイする(いつかの大晦日ではMaurice Revelの"Boléro"を1曲全部かけ、ダンスフロアの伝説的な瞬間をもたらした)。RA.673でBorisは、大部分を新しいサウンドから引き出しながらも、自身のコレクションの広さと多様さを見せている。スムースで予測不可能な"カセットテープ・スタイルのミックス"(音量の大小にかかわらず、様々な設定で聞くことができるという意味で、本人がそう例えている)で、あるスタイルから次のスタイルへと移行していく。
  • Tracklist
      Desroi - Birth 90 Process - Strange Feeling Dormir - In Pursuit (Cop Envy) Ploy - Ramos J. Tijn - Concave Primal Code - Alhambra Lachrin - I XVI V VI VII End Train - Hypnosis (Tape feed) Martyn - Try To Love You Unhuman - Behind the Pulse Makeness - Get Tae The Baker - Of Gold And Bitter Bread Spatial - A Music of Sound Systems (Yilan) Karim Maas - C C E D Gabber Eleganza - Total Football Arad - Slua Washed Phase Fatale - Incision Analog Tara - Density and Surface Vessel - Argo (For Maggie) Clark - Piano Ecst Verraco - Don't Kill'em All Mike Davis - Communique´ From An Absent Future 3 Tred - To(night) Barker - When Prophecy Fails