RA.577 Saoirse

  • Published
    19 Jun 2017
  • Filesize
    213 MB
  • Length
    01:33:00
  • 注目度上昇中のDJによるワイルドなセット
  • Share
  • 今週のRAポッドキャストで、我々は堂々と身内びいきをさせてもらう。Saoirse Ryanは7年に渡りRAで働いており、現在はチケット部署を率いている。だが安心してほしい。彼女がRAポッドキャストに登場したのは当然の流れであり、それは彼女の今年のギグスケジュールを見るだけでも証明できる。2017年に入ってからfabric、Concrete、AVA Festival、Gottwood、Love Saves The Dayに出演しており、今後もInto The Valley、Love International、Sankeys Ibiza、Houghton Festival、そしてFreerotationなどに出演予定だ。しかし、こうした華々しいブッキング以上の理由がある。冗談無しに、Saoirseは我々のフェイバリットDJの1人なのだ。彼女がほぼ毎週末出歩いたり、素晴らしいセットをプレイすることによって成功を遂げただけに、尚更嬉しく思う。 ダブリン出身のSaoirseは、幼少時代母親に連れられフリーパーティーやレイヴに参加したことがきっかけとなり、この世界にハマった。DJとして活動をスタートしたのは’00年代初期のハードハウス・トランスシーン(彼女はこの事実を闇に葬るどころか、誇らしげに周囲に語っている)。そして、2009年にロンドンに拠点を移して以降は、一からコツコツとキャリアを積み上げ、数年間の奮闘の後、Creche、Art Of Dark、WetYourSelf!、Half Bakedといった人気パーティーでレギュラーでプレイするようになる。ラジオもまたSaoirseの成長にとっての鍵であった。地元アイルランドで、彼女はBBCのアイルランド版と言えるのRTEで番組を持っていた。最近ではRinse FMに出演しており、今年初めにはまるまる1週間分に値する番組を担当した。 では、彼女のスタイルはというと? “多様”というありふれた言葉の使用を避け、我々はシンプルに、彼女は他のジャンルを織り交ぜるのが好きなハウス/テクノのDJである、とだけ説明したい。また、彼女はフェーダー・トリックを好んでいるが(証拠その1: 彼女の最近のBoiler Roomセット)、それはハードハウス時代に身につけたスキルだという。SaoirseのRAポッドキャストは、レコードを集め続けた15年間の集大成のように感じる。ここに使用されたハウスとテクノに対する大胆なヴィジョンを表現する為には、それだけの経験を要するのだ。
  • Tracklist
      Saoirse - Influences Intro Der Zyklus - DZ Arca - Piel Wishmountain - Radio Box Titonton - All Fours Bjarki - Fimm Atta Fimm Fimm Tveir Tveir ???? Shackleton - Death Is Not Final Nikola Kazimir - Edit Anastasia Kristensen - Spring Ballade Anastasia Kristensen - Spring Ballade - Pitch Edit Les Points - Mescaline Tuxedo Moon - Mata Hari Umfang - Wingless Victory Paul Johnson - Z-Ray Welfare - Welfare Scan 7 - Digital Dream Stephen Brown - Work It DBX - Losing Control (Hawtin Edit) Missile - Missile Matrix - 02 RAC - Continua Octave One - Sonic Fusion Bjarki - Left Handed Fuks ???? Cari Lekebusch - Untitled Multiplex - Area to Area Titonton - Of The Essence Parallel 9 - Technique POD - 8 Eight Miles High - Pardon Atom TM - Ich Bin Meine Maschine Calibre - Softly Softly ???? Arca - Piel