RA.542 Beautiful Swimmers

  • Published
    15 Oct 2016
  • Filesize
    137 MB
  • Length
    00:59:45
  • ワシントンの二人組がパーティーに火をつける
  • Share
  • もしもダンスミュージックを聞いていて落ち込むようなことがあれば、Beautiful Swimmersのギグに行くといい。00年代後半からバック・トゥ・バックでDJを行っているMax DことAndrew Field-PickeringとAri Goldmanのふたりから成るBeautiful Swimmersは業界屈指の精力的なDJだ。彼らは満面の笑顔を浮かべて踊りながら選曲することでトラックの楽しさと肉体性をありありと表現する。彼らは熱心なレコードコレクターでもあり、ツアーに出ていないときにはレコード店で働いている。ディギングに費やした時間の長さはふたりのDJセットを聞けば分かる。長年にわたって彼らはハウスミュージックを基盤としてボルティモアサウンド、ジャングル、ポストパンクの他、カテゴライズ不可能な良質音楽を探求してきた。GoldmanとField-Pickeringはそれぞれレーベルを運営している。Field-Pickering主宰のFuture Timesはもともと、緊密に人々がつながり合うワシントンで生まれる音楽を紹介するために始動したが、彼がDJ/プロデューサーとして話題になるにつれ、Future Timesの視野も市外へと広まっていき、近年ではMagic Mountain High、Jack J、Shanti Celeste、Steve Summersといった高い評価を集めるアーティストたちが同レーベルから作品を発表するようになっている。一方、GoldmanのレーベルWorld Buildingは先月立ち上げられたばかりだが、Mark Sevenによる傑作シングル「The Fatal Flaw In Disco」(英語サイト)で幸先のいいスタートを切っている。 World Building(世界構築、舞台設定などの意)という言葉は間違いなくField-PickeringとGoldmanが達成してきたことに当てはまるだろう。ふたりはダンスミュージックという枠組みの辺境を活動場所として直感的なアプローチで音楽を制作発表し、その作品をDJでプレイしているからだ。今回のRA podcastでふたりはUKガラージとハウスをプレイし、FløristやL.M.Y.Eの新曲をR.I.P. Productionsなどのトラックにミックスしている。10月22日(土)にアムステルダムのADEへ行く予定の人は、Actress、Onur Özer、Objekt、Map.ache、rRoxymore、Suzanne Kraft、Palmbomen IIと一緒にRADIONへ出演するBeautiful Swimmersをチェックしてみてほしい。 近況報告をお願いします Field-Pickering:空いている時間を利用してスタジオでたくさん作業している。ワシントンは秋でいい感じだから、今週末のギグでアメリカを離れる前に楽しんでいるところ。 Goldman:ロッククリークパーク(といえば、The Blackbyrdsだよね)でよく犬の散歩をしているよ。家族と過ごしたり、World Buildingから予定しているリリースに向けて作業したり、今年のナショナルホッケーリーグを楽しみにしていたり、Beautiful Swimmersの新曲を仕上げていたり、いろいろだね。 今回の制作環境を教えて下さい Field-Pickering:ヴァイナルとUSBを使ってミックスして、イントロとアウトロでコラージュっぽい雰囲気を出すためにコンピュータ上でいろいろ作業した。うちで録ったんだ。最近セッションをしたから家中がスタジオみたいになっているよ。 今回のミックスで意識したことは何でしたか? Field-Pickering:パワフルなものにしたかった。最近クラブでメインの時間帯に俺たちがやっていることを切り取ったようなものにしたかったんだ。 Goldman:ミックスが仕上がるまで相当ディグったよ。今回はこれまでのミックスよりも焦点がまとまっているんじゃないかな。色んなジャンルを網羅する代わりに、ミックスの最初から最後までいい感じのフロウを保つようにした。独特な雰囲気だけど引き続き俺たちっぽさがある。あと、スローなジャムで締めくくらなかったミックスはこれが初めてなんだ。 最近はどんなものを聞いていますか? Goldman:ずっと音楽を聞きっぱなしだよ! ディグって集めてきた昔のCDを最近引っ張り出してみたんだ。Vladislav Delayの『Entain』、The Stoogesの『Fun House』、Miles Davisの『In A Silent Way』のボックスセットとかをね。ストリートソウルがすごく好きだからいろいろと探していたら、YouTubeでUKハードコアの渦に巻き込まれちゃった。すごく楽しかったよ。この前出たSteven Julienのアルバム(英語サイト)が素晴らしかったし、Freakout Cultから出たLNSの12インチ(英語サイト)はずっとプレイしている。 Field-Pickering:この質問に答えるのはいつも大変だよ。ターンテーブルの横に置いてある"新入手コーナー"とiTunesを見ればわかるかな。ええっと、今のところよく聞いているのはWah Wah Winoの曲、昔にWolfgang Voigtが作った「Mint」とかそのへん全部。Acting Press、Avalon Emersonの"2000 Species Of Cacti"、Yves Tumor(英語サイト)、Future TimesのSamiやPerson Of Interest、あとRepetentes 2008の新曲、DJ Wey、Beatrice Dillon。あと今はYouTubeで"Erick Sermon Remix Instrumental"ってタイプして楽しんでいるところだよ。まだまだある。Beautiful SwimmersのトラックをAriと制作している最中なんだ。他にもDawitと新曲を作っているし、Liftedの新作もやっている。だからそういうのも全部聞いていることになるね。目が回りそう。 DJを一緒にするときはどんな雰囲気になることが多いですか? ソロでのDJも高く評価されていますが、一緒にDJするときと何が違いますか? Field-Pickering:最近だとソロでやるときはたぶんもう少しBPMが速くなってドラム/ポリリズムっぽいものが多くなるかな。ふたりともソロのDJではお互いの要素を少しは持っていると思う。でも今のところ、一緒にDJするときは単にレコードとWAVファイルを準備して、いろいろと考え過ぎずにパーティーの雰囲気を掴んで、それにのって進んでいくだけ。1度に1枚ずつプレイしているけど、厳密にはバック・トゥ・バックってわけじゃないよね。 Goldman:俺のソロDJとBeautiful SwimmersとしてのDJを比べたとき、違いよりも似ていることの方が多い。ソロでやったからといって、激しいポルカやブルーグラスの曲をかけるわけじゃないしさ。でも確かに違いはあるね。Andrewが嫌いなものをソロではプレイすると思う。安っぽいイタロディスコとかね! あと、ソロでやるときはトイレ休憩の時間をもっとしっかりと計画しないといけないね! 今後の予定を教えてください Field-Pickering:次のギグに向けて選曲することだね。 Goldman:World Buildingの2枚目に予定しているFløristの素晴らしい12インチをマスタリングするよ。あと、ロンドン、アムステルダム、テルアビブ、カールスルーエで予定しているギグに向けてDJバッグとUSBを万全に準備しておくよ。すごく楽しみ! Live At The Rave - Jungle Techno! DJ Mello T - Testin' My Mic (Techno) DukeyMan - Hear The Drummer (Kristical's Deepdub) Korsakow - Func Machine Urban Myths - Stronger Jhelisa - Friendly Pressure (From Midnight Mix) Luomo - Could Be Like This R.I.P. Productions - Pick Me Up (Licensed Mix) R.I.P. Productions - You Cheated DukeyMan - Don't Hold Back Cosmo & Dibs - You Got Me DJ Texta & Persian - Play It Deejay Valerie M - Chillout Flørist - Windows On The World L.M.Y.E. - Pays To Be Pushed Nocera - Never Let Go (Dolo Percussion Mix) 49th Floor - Night Passage (Underground Radio Mix) Live At The Rave - Jungle Techno!
  • Tracklist
      Live At The Rave - Jungle Techno! DJ Mello T - Testin' My Mic (Techno) DukeyMan - Hear The Drummer (Kristical's Deepdub) Korsakow - Func Machine Urban Myths - Stronger Jhelisa - Friendly Pressure (From Midnight Mix) Luomo - Could Be Like This R.I.P. Productions - Pick Me Up (Licensed Mix) R.I.P. Productions - You Cheated DukeyMan - Don't Hold Back Cosmo & Dibs - You Got Me DJ Texta & Persian - Play It Deejay Valerie M - Chillout Flørist - Windows On The World L.M.Y.E. - Pays To Be Pushed Nocera - Never Let Go (Dolo Percussion Mix) 49th Floor - Night Passage (Underground Radio Mix) Live At The Rave - Jungle Techno!