RA.538 DJ Spider

  • Published
    19 Sep 2016
  • Filesize
    201 MB
  • Length
    01:27:41
  • 多作のアメリカ人プロデューサーによる猛攻ミックス
  • Share
  • DJ Spiderの音楽スタイルは研ぎ澄まされている。どのリリースを聞いてもそのことが分かると言ってもいいくらいだ。新作12インチ「The Final Revolution」を聞いてみてほしい。かなりダークだと思ったのではないだろうか? 彼の音楽を語るときに使われる単語の筆頭になっているのがこの"ダーク"だ。しかし、"Extropy"や"NEXT"といったトラックを聞けば、単にダークであるだけではなく、そこに若干の光が注がれていることに気付くはずだ。一方、"Throwing Hairs"や"Distress Signal"では、一風変わったサウンドデザインを難なく作り上げるDJ Spiderのスキルを感じ取ることができる("Throwing Hairs"では砂利道でつるはしを引きずっているかのようなサウンドが使われ、"Distress Signal"ではトラックの背後で車のアラームがシンプルに鳴らされている)。彼の作品では頻繁に陶酔性がモチーフとなる。"The Final Revolution"もその一例で、ベースとパーカッションの絡み合いによってリスナーをフロアに没頭させるグルーヴが生まれている。 DJ Spiderがこれほど特徴的なプロデューサーに成長したのには理由がある。どうやら彼は滅多にスタジオを離れることがないらしく、2012年のインタビューでは「俺は、週に1~2日しか音楽を制作しないやつらとは違う」と発言している。そのためだろうか、彼は常に音楽をリリースし続けている。その多くは自身のレーベルPlan B RecordingsとSublevel Soundsから発表されているが、これまでにThe Trilogy Tapes、Rekids、Killekill、NORD、BleeDといったレーベルでも彼の名が登場している。2008年に作品を発表し始めて以来、Dakini9、Marshallito、Hakim Murphy、Phil Moffa、Brendon Moeller、Franklin De Costa、Grey Peopleといった注目アーティストたちと制作を行ってきたDJ Spider。それだけにとどまらず、別名義のSpider Bitesでは、ぬかるむようなサウンドスケープが思う存分に描き出されている。 DJ Spider曰く、彼がクラブでプレイするときは自身の曲が80%を占めるそうだが、今回のRA.538ではほぼすべてが彼の手掛けたものとなっている。使用された21曲で明らかにされているように、DJ Spiderのサウンドが最も映えるのは夜が更け最深部に至ったときの空間だ。 近況報告をお願いします 今年はツアーにあまり時間を割かずに改めて自宅やスタジオで作業するようにしたんだ。ヨーロッパでいくつかギグがあったくらいで大規模なツアーはしていない。1月はPanorama Bar、3月はDJ Deepと一緒にロンドンのPickle Factory、5月はロンドンのOval SpaceでRekidsの10周年パーティー、あとは、7月にウェールズのFreerotation Festivalでプレイした。Freerotationでプレイしたのはこれで3回目。地元のニューヨークでも何回かギグがあったけど、それくらいだよ。海外へ行くときは以前みたいに何週間もツアーするんじゃなくて、数日だけで済ませるようにしている。2018年になればもっとツアーに出るかもしれないけど、今は制作や自分のレーベルのPlan B RecordingsとSublevel Soundsに集中したい。 2017年に新作を大量にリリースしようと思っていて、スタジオで準備をしているところなんだ。大抵の場合、12~18か月前からリリーススケジュールを立てるようにしている。プレス工場の予定が遅れたり、流通の問題が起こったりするからね。だから新しく出る曲は去年作ったものなんだ。今年作って今年中にリリースできたラッキーなトラックも何曲かあったけど、それ以外は来年のどこかで出す予定。リリースのたびにクオリティが上がっていると実感していて、自分でもすごく満足している。内容をできるだけいいものにしようと思って頑張っているから、自分のアイデアをはっきりと音楽で表現できて嬉しかったし、その音楽を気に入ってくれたファンや、制作に携わったアーティストとレーベルがサポートしてくれたことにすごく感謝している。 今回の制作環境を教えて下さい ニュージャージー州のジャージーシティにある自宅スタジオで録った。Technics MK2sを2台とRaneのロータリーミキサー、あと、1曲目のトラックでPioneerのCDJを1台使った。シンプルだけど合理的なセッティングだよ。 今回のミックスで意識したことは何でしたか? もうじきリリースされる未発表曲と新曲を聞いてもらいたかった。俺のDJを聞いたことがある人なら知っていると思うけど、俺は普段のセットでも最低80%以上は自分の曲か自分のレーベルの曲をプレイしているんだ。だから今回も自分のスタイルやフォーマットを変えずにミックスした。2012年にLabel of the month(英語サイト)でPlan B Recordingsがフィーチャーされたときにもミックスを作っていて、そっちは自分の曲だけを使った。 当時と比べてアーティストとしての成長ぶりはいかがですか? この4年の間でアーティストとして洗練されてきていると思う。ビジョンは変わっていないけど、制作面でもDJ面でも技術が向上しているね。 かなり頻繁にレコードをリリースしていますが、スタジオでインスパイアされることが多いですか? そうだね。俺は第一にミュージシャン、第二にプロデューサー、第三にDJ、第四にレーベルオーナーだから、何よりもまずスタジオで音楽制作をしている。俺にとっては音楽制作が第一優先で、その次にギグ、それからレーベルが大事。常に音楽を作っていたい。やってみたい新しいアイデアが常にあって、そのすべてをトラックとして完成させようとすると時間がいくらあっても足りない。自分なりの表現でアイデアを形にしていくプロセスには終わりがないし、俺から制作意欲が無くなることなんてありえないね。最近は色々と移り変わりが激しくて、自分の表現とアイデアの面で常に遅れを感じている。いつも音楽を作っているから、実際に自分の曲が人に聞かれるころになると、そのほとんどが俺にとっては新鮮じゃなくなっているんだ。実際に曲がプレスされてリリースされるまでに、俺はその曲を何百回って聞いているからね。それにトラックのコンセプトが古くさくなることもある。でもそれって図書館みたいなものだと思っているんだ。トラックタイトルやアルバムタイトルを見て、そのときにどんなことを考えていたのかを振り返れるだろ。研究したり、本を読んだりして学んだものはすべて何らかの形で自分の音楽の一部になるんだ。 今後の予定は? 9月23日の金曜日にブルックリンのBroke CityってパーティーでJoey AndersonやAlex Falkと一緒にプレイするよ。年末はミラノにあるDude Clubでまたプレイすることになるかも。Dude Clubの今年の最終イベントになるみたい。もしかしたらそれ以外にも地元でギグがあるかも。新作もたくさんリリースするよ。例えば、Themaからは「The Final Revolution」、Hooded Recordsからは「War Ritual」、Sublevel Soundsからは「Human Erosion Field」がリリースされる。Spinning Platesってレーベルにリミックスを2曲提供したし、11月にPlan B RecordingsからリリースするBrendon Moellerの新しいEPでもリミックスをしている。Bleaching Agentと一緒に作った「War Hammer Machine Cult」っていうスプリットEPもPlan B Recordingsから1月に出る予定。 あと、ジャージーシティにあるGreen VillageってレーベルからもEPが出るよ。数年前に作った、タイプの異なるハウスとテクノが収録されるんだ。どれも個人的に思い入れのあるトラックだから、すごく楽しみにしている。そのうちの3曲で素晴らしいミュージシャンをフィーチャーしていて、友達のJon HesterとSly Scottがそれぞれ異なるトラックでサックスを吹いていて、Boyd Jarvisが別のトラックでキーボードを弾いているんだ。あとSunny Climbsっていうニューヨークの友達もキーボードを弾いているよ。早くみんなに聞いてもらいたいよ!
  • Tracklist
      DJ Spider - Landfill Harvest - Hooded Records UNRELEASED DJ Spider - Hungry Ghosts - Plan B Recordings DJ Spider - Urantia Of Nebadon - Green Village UNRELEASED DJ Spider - Dirt Nap - Rekids DJ Spider - Necro Nebula - Atrophic Society UNRELEASED William Welt - Stalker (DJ Spider Remix) - Deadcert Records DJ Spider - Planned Obsolescence - Vanguard Sound! DJ Spider - Toxic Trace Part 2 - Green Village DJ Spider & Franklin De Costa - Consume - KilleKill Takenawa - Fall Moon (DJ Spider Remix) - Plan B Recordings DJ Spider & Phil Moffa - 000 - Plan B Recordings DJ Spider - Divine Builders - BleeD Dakini9 - Desolation (DJ Spider Remix) - Green Village DJ Spider & Franklin De Costa - Second Bass - KilleKill Dakini9 - Potentiation - Plan B Recordings DJ Spider & Marshallito - Enemy Of God - subBASS Soundsystem Jay Mond - Trains - Plan B Recordings UNRELEASED DJ Spider - Flee To Agartha - Plan B Recordings DJ Spider & Marshallito - Fallen Angel - subBASS Soundsystem DJ Spider - NEXT – Thema UNRELEASED Spider Bites - Outro