RA.491 Sasha

  • Published
    26 Oct 2015
  • Filesize
    140 MB
  • Length
    01:01:07
  • ミックス・レジェンドが見せつけるスキル
  • Share
  • ミックスを作ることにおいて、Sashaはダンス・ミュージック界で指折りの存在である。2013年には、自身の楽曲のみで構成された2枚組ミックス、『Invol<3r』をリリースした彼だが、ミックスにおける彼のキャリアのスタートは1994年に遡る。この年、Sashaと彼の長年のパートナー、John Digweedは全編フル・ミックスされたコンピレーションCDとしては業界初であった『The Renaissance Mix Collection』をリリースした。同作品はこのフォーマットの走りだという点だけでなく、史上最高峰のミックスの1枚と名高く、その唯一のライバルはふたりが1996年に制作した『Northern Exposure』である。90年代を通して、彼は後世に語り継がれる伝説的なミックスCDを発表、そしてクラブセットを披露していき、感情豊かなシンセ・サウンド、推進的なベースライン、ロングでシームレスなミクシングといった要素が特徴であるプログレッシヴ・ハウスというスタイルを確立させた。DJという行為に対して、武士のように献身的に細部までこだわり、技術を磨き続けた。 そのSashaの信念は今でもブレていない。彼のプロデュース作やリミックス作は慎重なペースでリリースされ、彼のレーベル、Night On Earthのキュレーションの仕方は綿密だ。Sashaが作り、プレイする音楽は今ではプログレッシヴ・ハウスと呼ばれていないが、彼のメロディー感や物語性のセンスは健在であり、それは今回のRAポッドキャストでも同じである。このミックスをホームリスニング用と言ってしまうのは適切ではないが(獰猛なビートはたっぷりとある)、ここに並べられたトラックには歌モノに近い楽曲が多く、メロディーが存在感を放ち、ヴォーカルが現れては消える。以下のインタビューで彼が語っているとおり、このミックスには、彼が20年間シーンの最前線にいることができた理由でもある、発想力豊かな彼なりの味付けが楽曲にほどこされている点にも注目。 近況報告をお願いします 今はツアーをしばらく休んで、スタジオにこもってずっと音楽を作っているんだ。ここ数年は沢山曲を作りためていて、40か50ぐらい未完成のトラックがある状態だ。とにかく今はそれらを仕上げて、来年の準備をしようとしているところだ。 ミックスの制作環境を教えてください 夏ぐらいからいくつかアイディアを考えていたんだけど、ツアーから帰って来て数週間時間があいたときがあって、スタジオで1日で仕上げたんだ。最近はライブミックスばかり制作していたから、今回はもうちょっとプロデュース感のあるものにしたかった。 ミックスのコンセプトについて教えてください 今回Resident Advisorのために制作したミックスは、普段クラブでプレイしている曲を集めたのではなく、音楽を作ろうとしたときにインスピレーションを求めて聴くようなものをまとめてみたんだ。ここ数ヶ月ぐらい、とても刺激を受けてきたトラックが多数入っている。なかにはピッチを変えたり、全く違うテンポでかけているのもある。1曲目はドラム&ベースの曲で、145 BPMだったのだが、124まで下げると凄く良いと思ってそうした。あまりビートが強く無い曲には更にビートを加えたりもした。そうやって色々と手を加えたんだが、基本的には普通のDJセットのように流れるようにしてあるよ。 最近あなたはFacebookで、『Renaissance: The Mix Collection』がリリースされてから21年が経過したとポストしていました。その当時と、今のミックスの制作ではどういった点が同じですか? 難しいのは同じだと思うよ。当時は、今みたいなプレッシャーはなかった。21年の間で沢山のミックスがリリースされてきて、今ミックスを作るとしたら、時間が経っても聴けるものにしようと色褪せない音楽を選ぶ。俺は昔からそういう音楽を選んできたんだけどね。『Renaissance』のときはまだ誰もやっていないことだったから、今とは違った。それまで5年ぐらいの期間で俺たちがかけていた人気曲の中から選りすぐりの曲を乗せることができた。好き勝手できたんだ。しかしミックスCDを作ることが当たり前になってくると、もっと選曲を頑張らないといけなくなった。重要なのは、誰もきいたことがないかもしれない曲を見つけたり、人とは違うきかせ方を模索することになっていったんだ。 今後の予定は? 新曲の制作と、あとElectric Brixtonでの大晦日イベントの出演が決まってる。大晦日にロンドンに戻るのは楽しみだよ。BPMフェスが1月にあるけど、冬に予定しているのはそれぐらいで、あとは曲の仕上げに時間を使う予定だ。来年発売予定のプロジェクトがいくつかあってそれを完成させるのが楽しみだ。あと、映画音楽にも関わりたいと思って数年前から動いているが、それはまだ何か話せるほど進んではいない状況だ。
  • Tracklist
      Sonar Pilot - Heartbeat Rival Consoles - Recovery Jacques Greene - Another Girl Kenton Slash Demon - Syko Nuage - Haunting Terranova - Make me feel Feat Billy Ray Martin ( Till von Sein Remix ) DJ Wild - When You Feel Me HVOB - Azreal Florian Rietze - Treibholz feat. Blancah (Soul Button Remix) Stereofysh - The Race (Ruede Hagelstein Remix) Chvrches - Leave a Trace ( Four Tet Remix) Kenton Slash Demon - Harpe