RA.291 Lee Foss

  • Published
    26 Dec 2011
  • Filesize
    111 MB
  • Length
    01:36:45
  • Hot Naturedの片割れによるハウスパーティー
  • Share
  • Jamie JonesとLee Fossは、BatmanとRobin(注:コミック『Batman』)ほどのスケールではないにしろ、Hot Naturedの主宰として広く知られている。Lee Fossのバックグラウンドである90年代のヒップホップ、R&Bに影響を得たハウスサウンドは、まさに彼等デュオとレーベルの色を特徴付け、Hot Creationsはいまや世界的人気を誇り、多くの人にとって2011年のサウンドトラックにまでなっている。またLeeはDJとしても活躍中で、地元シカゴからロンドン、イビザ、LAまで飛び回り、それらのツアーと平行してJamieとのプロジェクトも進行。2人が登場したパーティーの前売りチケットは数時間で売り切れてしまったほどだ。 彼の最近のお気に入りからセレクトした、パーティー感あふれるミックスとなっている。 最近の活動はどんな感じですか? あちらこちら飛び回っているよ。特に先月は忙しかったね。空いた時間にスタジオに入って、自分のアルバムやHot Naturedのアルバムを制作している。あと、最近MKと新しい作品を作ったばかりだ。 このミックスの制作環境を教えてください。 11月の北/南アメリカツアー中に。空港、ホテルでミックスを作って、12月にすこし修正を加えた。Abletonを使用したよ。 このミックスについて、なにか特別なアイディアがあれば教えてください。 秋から最近までのお気に入りで、家や車、アフターパーティーで聴くのにぴったりの曲だと思ったものを集めたよ。 今年は、あなたとレーベルにとって成功の年ともいえます。個人的には、どう思いますか? 音楽と正直に向き合ってきたから、Hot Creationsは今の成功を見ているんだと思う。あと、次に進む前に、現状がパーフェクトな状態であるか常に確認するよう努めているんだ。こういった心構えから、コンサートに来てくれた人の称賛を得るまでにつながったのだと思う。僕たちが作りリリースしたものを聴くと興奮するし、パーティーの中でもひと際輝いている。 現在のポジションにいられるJamieと僕は、本当にラッキーだと思う。DJ、プロデューサーとして長年やってきて、その2つが強く結ばれ、きちんとした形になった。今年成し遂げたことを振り返ってみても、とても良い気分だし、来年も頑張らないと、と思うよ。 以前、批判された事について話していましたね。それについてはどう思われますか? こういった質問は前にもされたし、答えてもいた。けど、自分の事を嫌ったり、反発する人の事を考えてもしょうがないだろ?創造的に向上させるのみ。気に入ってもらえたら嬉しいし、嫌いならばしょうがない。アーティストとして自分が進むべき道を知っているし、それに向かっている。レーベルとしては、もっと頑張らないといけないね。 反発する人がいるからどうしろと言うんだ?とにかくベストな音楽を作り、想像をかき立てられるままに進んでいくことだ。批判する人に気に入ってもらおうと行動するのは、逆効果。むしろ、自分の長所を延ばすことが一番だ。 今後の予定は? 自分のアーティストアルバムと、Hot Naturedのアルバム制作がそれぞれ終わるところ。今冬、MKとスタジオで作業する予定で、それも楽しみだね。2月は、ツアーは一切やらないよ。ちょっと変な気もするんだけれど、自分の時間を過ごせることに興奮しているし、僕の猫DevinとHesterと一緒なのも嬉しいね。あとは、今年のはじめに開催されるBPM Festivalや、マイアミ、ブラジルへの2週間のツアーも楽しみだ。1月から3月までずっと北/南アメリカにいるよ。
  • Tracklist
      Melchior Productions - Her Majesty SBTRKT - Pharoahs Joyce Muniz - Malacia Feat Sket H Franck Rodger - After All Tyto Alba - Dusky Storm Queen - It Goes On (Vox) No Artificial Colors - Girl You Know Remain - Rogue (Populette Remix) Bongo Born (Tale Of Us Edit) T-Boy & Wildkats - To Be Nina Kraviz - Ghetto Kraviz Daphni - Yes, I Know tbc Superfunk - Lucky Star (Solomun Remix) Fred Falke - Love Theme tbc Oliver Nickels - Velvet Graveyard tbc Midland - Through Motion (Tevo Howard Remix) Daniel Bortz - Can't Sleep At Night tbc