シークレットオープンエアパーティーBonna Potの第3回目にSapphire Slows、Yama、Groundらが出演

  • Published
    Wed, 31 Mar 2021, 05:10
  • Words
    Suiko Nakai
  • Share
  • 5月に川崎の工業地帯で開催される本イベントは、実験精神を持って内容を磨き上げることをコンセプトとする。
  • シークレットオープンエアパーティーBonna Potの第3回目にSapphire Slows、Yama、Groundらが出演 image
  • シークレット野外パーティーBonna Potの第3回目が開催される。 Bonna Potは2019年に東京湾岸エリアのビルの屋上で初開催され、昨年秋の第2回目は川崎の工業地帯にある芝生のスペースを会場とした。5月8日(土)に行われる今回はSapphire Slowsによる“セレモニアル・プロローグ・ライヴ”と銘打った演奏で幕を開ける。また、バンコクからの逆輸入DJ、mAsa niwayamaが出演するほか、大阪からNewtone RecordsのYamaと5月に新作アルバムのリリースを控えるGround、東京からはクィアレイヴSLICKを共同主催する7e、ディープリスニングパーティーidealaを主催するAKIRAM EN、そして三軒茶屋を拠点とするディスコ/ハウスDJのCALPISSがラインナップされた。 本イベントは実験精神を持って内容を磨き上げることがコンセプトとして掲げられており、田口音響のスピーカーは前回の1.5倍の数のウーファーが使用される。音響用の電力として太陽光発電に加えて風力発電機が会場に設置されるため、夜間でも発電が可能となり、安定して大電流を使用できるようになっている。 尚、開催場所の詳細は、後日チケット購入者にメールにて通知される。