Koshiro Hinoと太鼓芸能集団・鼓童のコラボレーションを描いたドキュメンタリーが公開へ

  • Published
    Thu, 4 Feb 2021, 13:00
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • 豊田利晃監督による『戦慄せしめよ』は、2月5日(金)19時より配信。
  • Koshiro Hinoと太鼓芸能集団・鼓童のコラボレーションを描いたドキュメンタリーが公開へ image
  • 地域文化に根ざした新たな音楽映像配信プロジェクト・越島が、Koshiro Hinoと太鼓芸能集団・鼓童によるコラボレーションを捉えた約90分間のドキュメンタリー作品『戦慄せしめよ / Shiver』をを公開する。 今年で結成40周年を迎える佐渡島拠点のグループ鼓童のメンバーから、YPYやGoatといった様々なプロジェクトで活動する大阪拠点のアーティストKoshiro Hinoへ送られた一通のメールがきっかけで始まった今回のコラボレーションでは、Hinoが述べ1ヶ月間に及び佐渡島に滞在。そこで完成した楽曲群を、2020年12月、グループの本拠地であり制作の拠点となった鼓童村をベースに、全編を島内で収録、撮影したという。メガホンを取ったのは、『破壊の日』や『青い春』といった作品で知られる大阪出身の監督、豊田利晃だ。プレスリリースでは『戦慄せしめよ』について、「コロナ禍での新しい音楽体験を目指し製作された本作品は、セリフが一切なく、音と映像だけで語られる、見えないはずの音に震える89分間の新感覚の映像作品となっている」と説明。配信はVimeoやZAIKOなどの各映像配信プラットフォームにて、明日2月5日金曜日の19時から行われる。 2016年発表のアルバムに『Zurhyrethm』= “ズレたリズム”というタイトルを付けているほか、同年にYusuke Kawamuraが行ったインタビューの中で「リズムを作るのが1番楽しいし1番得意だと思ってる」と本人が語った通り、Hinoの作品はしばしばリズムにフォーカスしている。本プロジェクトについて、彼は「単なる音の響きを探し、その音にリズムを与え、いくつかのリズムが絡みあうことで大きな律動が生まれ、それは音楽となっていく。僕たちは“作曲家”、“鼓童”として切り分けた関係ではなく、同じ仲間として楽器の持つ音や演奏法、グルーヴを再発見し、その興奮や喜びを共にしていった」とコメントする。尚、Hinoと鼓童がコラボレーションするのは今回が初めてではなく、2019年春にはHinoが同グループに楽曲を提供している。 『戦慄せしめよ / Shiver』のトレーラーは以下でチェック。