ユニクロが世界のレコードショップとのコラボTシャツを発売へ

  • Published
    Wed, 20 Jan 2021, 03:15
  • Words
    Suiko Nakai
  • Share
  • Rush Hour、Technique、Face Records、Rough Trade、Amoeba Musicの5店舗をフィーチャー。
  • ユニクロが世界のレコードショップとのコラボTシャツを発売へ image
  • ユニクロのTシャツシリーズUTザ・ブランズの新作で、世界各地のレコードショップとのコラボレーションTシャツが登場する。 ザ・ブランズ ザ・ワールド・オブ・レコード・ストアズと銘打った本コレクションにフィーチャーされたのは、イギリスとアメリカでインディー・ロックを中心に発信するRough Trade、アメリカ西海岸各地に大型ショップを構えるAmoeba Music、アムステルダムの重要ショップであり同名のレーベルも運営するRush Hour、そして日本からはテクノやハウスを中心にセレクトするTechnique、同じく東京でソウル、ファンク、レアグルーヴなどを取り扱うFace Recordsの計5店舗。3月上旬発売予定で、価格は1,500円(税別)となっている。 ザ・ブランズシリーズでは、ユニクロが毎度さまざまなブランドとタッグを組み、ユニークなデザインのTシャツを生み出している。昨年6月発売のザ・ブランズ ミュージックでは、Fenderのギターやベース、星野楽器のTAMAドラム、RolandのJUPITER-X シンセサイザーがラインナップされた。