シークレットオープンエアパーティーBonna Potの第2回目にToshio “BING” Kajiwara、Shhhhhらが出演

  • Published
    Thu, 22 Oct 2020, 09:40
  • Words
    Suiko Nakai
  • Share
  • 11月に川崎の工業地帯で開催される本イベントには、Ground、Mamazu、7eもラインナップ。
  • シークレットオープンエアパーティーBonna Potの第2回目にToshio “BING” Kajiwara、Shhhhhらが出演 image
  • シークレット野外パーティーBonna Potの第2回目が開催される。 Bonna Potは、昨年東京湾岸エリアのビルの屋上で初開催され、今回は川崎の工業地帯にある芝生のスペースを会場とする。11月7日(土)に開催される本イベントには、ヒト族レコード主宰のToshio “BING” Kajiwaraが登場するほか、前回から引き続きEL Folclore Paradox主宰のShhhhh、DJ Gr◯un土の名でも活動するGround、Hole and HollandのMamazu、クィアレイヴSLICKを共同主催する7eが出演する。 音響に関しては、HIRANYA ACCESSプランニングによるTaguchiの最新フラットユニットスピーカーを導入。主催側は「数ヶ月前に完成したばかりの新しいスピーカーはしっとりとした豊かな低音の質感が比類なく、楽曲の再現性の高さ、繊細さとぬくもり感、そしてパワフルなアタック感を前回以上のクオリティで表現するために、Bonna Potで使用するためのその新作スピーカーを現在量産してもらっています」と説明する。また、電源は会場に並べたソーラーパネルの太陽光発電による音響専用バッテリーシステムを使用し、場内にはガソリンの発電機が一切置かれないため、発生ノイズは極力小さくなるという。 イベントの前売りチケットは現在RAにて販売中。開催場所の詳細は、後日チケット購入者にメールにて通知される。