Rebekahがダンスミュージック界のセクハラに反対する誓約、#ForTheMusicのオープンレターを公開

  • Published
    Mon, 28 Sep 2020, 07:37
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • 「一緒にダンスミュージック業界を原点に戻そう」
  • Rebekahがダンスミュージック界のセクハラに反対する誓約、#ForTheMusicのオープンレターを公開 image
  • Rebekahが、#ForTheMusicと呼ばれる反セクハラキャンペーンを立ち上げた。 イギリス人DJのRebekahは先週、Instagramの投稿でこの新しい取り組みを発表した。 「人々をこの業界に引き入れるためにメンターになろうと決めた後、自分が立ち上がって、業界全体をより安全な場所にするために戦わなければ、そうすることはできないのだと分かりました」と彼女は語る。 #ForTheMusicキャンペーンは、Change.orgでのオープンレターと請願書から始まり、アーティストやスタッフ、パーティーの参加者をハラスメントから守ること、安全な職場を保証すること、その他の取り組みを約束するものだ。 「私たちは発言することで、仕事、キャリア、信頼性、評判を失ってきました」と、オープンレターには綴られている。「暴力を受けて当然の尻軽とのレッテルを貼られた私たちの切り傷やあざは、優しい顔をした高い支持率を持つ人々に向けても何の意味もないと言われてきました。しかし、もう違います。私たちは黙ったままで、決して公にはしませんでした。しかし、もう違います。プライベートでそう(発言)しようとしても、誰も私たちの話を聞いてくれないことに気が付きました。しかし、もう違うのです」 「この数週間、私たちのコミュニティは分裂していました」と続ける。「意図的な無知、スラット・シェイミング、組織的に横行する虐待に直面した被害者の証言への不信感は、愛と自由という理念を私たち全員が求めてきたのかどうか疑問を残させます。最終的には権力の乱用を可能にし、それを奨励し、それを賞賛している現状の中で見失われてしまいました。私たちの現場には捕食者がいます。これはもう許されるものではありません。有名なアーティストの行動を、有名だからといって許すことはもうできません」 参加者は#ForTheMusicのポスターをプリントアウトして(または自分で作成して)、自分のモノクロ写真を投稿することが推奨されている。