坂本龍一のサード・アルバム『左うでの夢』が未発表音源を収録し再発へ

  • Published
    Thu, 17 Sep 2020, 03:30
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • 1981年以来の海外アナログ盤として、WeWantSoundsよりワイドリリースされる。
  • 坂本龍一のサード・アルバム『左うでの夢』が未発表音源を収録し再発へ image
  • 坂本龍一の3枚目のソロアルバム『左うでの夢』が、今秋WeWantSoundsよりリイシューされる。 1981年、日本のStudio “A”にてイギリス人プロデューサーのRobin Scottと共同制作されたこのアルバムには、Adrian Belew、仙波清彦、伊藤薫、細野晴臣、高橋幸宏といったゲスト・ミュージシャンが参加。エクスペリメンタルな『B-2 Unit』や1978年のアルバム『千のナイフ』に続くポップにフォーカスした作品として完成した。坂本龍一のヴォーカルが大々的にフィーチャーされており、「歌はうまさじゃなく声色、ヘタでも自己表現としては音楽の中で最高のもの」と自身はコメントする。 1981年に日本でリリースされた1年後にEpic Recordsからもリリースされたが、大きな変更はなかった。今回の海外アナログ盤では“Sara No Le”と“Living In The Dark”が省かれた上、“Relâché”、“Tell'em To Me”、“Venezia”に歌詞の英訳が付けられている。また、本作のために特別に作曲された英語のトラック“The Arrangement”を収録する。 フランスのレーベルWeWantSoundsは、矢野顕子、佐藤博などの再発企画も行っており、今年初めには矢野顕子とYMOによる1980年の共作アルバム『ごはんができたよ』をリイシューした。『左うでの夢』の日本国外でのリリースは、オランダのレーベルによる1981年の小規模なヴァイナル・リリース以来となる。シングルLPと限定版のダブルLPが11月13日に発売され、後者には初めてのアナログ化となる全曲のインストゥルメンタル・ミックスが収録される。 “Venezia”は以下で視聴可能。
    Tracklist 01. Boku No Kakera 02. Saru To Yuki To Gomi No Kodomo 03. Kacha Kucha Nee 04. The Garden Of Poppies 05. Relâché 06. Tell 'Em To Me 07. Living In The Dark 08. Slat Dance 09. Venezia 10. Saru No Ie 11. Boku No Kakera (Inst Mix) 12. Saru To Yuki To Gomi No Kodomo (Inst Mix) 13. Kacha Kucha Nee (Inst Mix) 14. The Garden of Poppies (Inst Mix) 15. Relâché (Inst Mix) 16. Tell'Em To Me (Inst Mix) 17. Living In The Dark (Inst Mix) 18. Slat Dance (Inst Mix) 19. Venezia (Inst Mix) 20. Saru No Ie (Inst Mix) 『左うでの夢』はWeWantSoundsより2020年11月13日に発売予定。