新たなオンラインフェスRefraction FestivalにMC Yallah、Hieroglyphic Being、Omar-Sら出演

  • Published
    Mon, 13 Jul 2020, 05:30
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • New Forms Festivalの創設者が仕掛けるデジタルイベントの第1回目が今週キックオフ。東京のクラブContactのショーケースも
  • 新たなオンラインフェスRefraction FestivalにMC Yallah、Hieroglyphic Being、Omar-Sら出演 image
  • 新たなオンラインフェスティバル、Refraction Festivalが、第1回目のラインナップを発表した。 7月16日から30日の2週間にわたり配信されるプログラムは、様々なアーティストによるDJセットやインスタレーション、オーディオヴィジュアル・パフォーマンス、そしてビデオ・エキシビジョンなどをフィーチャーする。 公開されたスケジュールには、AmazondotcomHitmakerchinxらによるライヴパフォーマンスのほか、Omar-SMarcellus PittmanHieroglyphic Being、コラボレーターであるD. TiffanyRoza TerenziDJ StingrayMoMA Readyobject blueらが名を連ねている。CielMathew Jonsonはビスポーク・ヴィジュアルをバックにパフォーマンスする。 複数なレーベルのショーケースも予定されており、ウガンダのレーベルNyege Nyege Tapesがオーディオヴィジュアル・セットを、カナダのレーベルPacific RhythmMood Hutのメンバーがライヴセットを披露する。さらに日本からは東京のクラブContactのショーケースとして、Sapphire Slowsによるライヴパフォーマンスと、Gonno + Genki Nishida、DJ Sodeyama + Manami SakamotoによるDJ & ヴィジュアルコラボレーションが配信されるほか、液体による動くアート“Alive Painting”で注目を集めるAkiko Nakayamaがラインナップされている。 この新フェスティバルは、バンクーバーのNew Forms Festivalの創設者と、デジタルアート・ショーケースCODEのアーティスティック・ディレクターのパートナーシップによって実現した。 尚、本イベントに寄せられた支援金は、Color Of ChangeThe Bail Projectといった団体へ寄付される。 フルラインナップは以下でチェック。