AOKI takamasaとFumitake TamuraがNeutral名義の音源集を発表

  • Published
    Fri, 26 Jun 2020, 09:30
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • 「Neutral Sounds」が、2作連続デジタルリリース。
  • AOKI takamasaとFumitake TamuraがNeutral名義の音源集を発表 image
  • AOKI takamasaFumitake TamuraによるユニットNeutralが、音源集を2作連続で発表する。 「Neutral Sounds」の第1弾は6月20日に既にリリースされており、続いて第2弾が明日6月27日に発売となる。テクノプロデューサーAOKI takamasaとBUN名義でも活動するビートメーカーFumitake Tamuraは2011年から共に制作を始め、音源集に収録された計4曲は「8〜9年くらいコツコツと作り続けた作品群」だとAOKIはコメントする。(第2弾に収録の“Loop 1”が最初に作ったトラックとのことだ。)それぞれ大阪と関東を拠点としているが、AOKIが東京、Tamuraが大阪でギグがある時にはお互いのスタジオで共同作業を重ねてきたという。デュオとしてはこれまでに都内各地や大阪でライヴパフォーマンスを行なっているほか、AOKIが携わったクロージングブランドA.M.のために音源を制作、また2017年にはバンドD.A.N.の楽曲“Tempest”をリミックスしたが、オリジナルトラックのリリースは今回が初となる。 音源集はAOKITamuraそれぞれのBandcampページで購入可能だ。「Neutral Sounds 2」に収録の“Amazonia”は以下でチェック。
    Tracklist Neutral Sounds 01. Illusional Time 02. Interplanetary Move Neutral Sounds 2 01. Amazonia 02. Loop 1 「Neutral Sounds」は現在発売中。続いて「Neutral Sounds 2」は2020年6月27日の発売。