制作期間30年に及ぶJim O'Rourkeの新作アルバムがEditions Megoからリリース

  • Share
  • Editions Megoの新シリーズPortraits GRMとして、Lucy RailtonとMax Eilbacherによるレコードも登場。
  • 制作期間30年に及ぶJim O'Rourkeの新作アルバムがEditions Megoからリリース image
  • Editions Megoが新シリーズPortraits GRMをローンチし、Jim O'Rourke、 Lucy Railton & Max Eilbacherのレコードをリリースする。 2012年以降、Peter Rehberg主宰の同レーベルは、サブレーベルRecollections GRMよりパイオニア的存在のパリのスタジオGroupe de Recherches Musicales(GRM)のアーカイヴ作品を発表している。GRMとのコラボレーションプロジェクトであるPortraits GRMは、Pierre Schaefferのサウンドラボの探究心を将来へ伝えるための企画だ。 シリーズ1作目はJim O'Rourkeのレコード。本作『Shutting Down Here』は、 O'Rourkeが初めてGRMを訪れてから現在に至るまでの30年間が収められたアルバム。このシングルトラックのフルレングスには石橋英子がピアノ、波多野敦子がヴァイオリンとヴィオラ、 Eivind Lonningがトランペットで参加しており、幅広いダイナミック・レンジをカバーしているため、リスナーは音量を適宜調整する必要があるとレーベルは説明する。 長尺の音楽を1枚のレコードに収録した作品と並行して、Portraits GRMではコンテンポラリー・ミュージシャンによるスプリット作品もリリースしていく。Portraits GRMの2作目は、Lucy RailtonとMax Eilbacherによるもの。 Railtonによる“Forma”はIna GRMから委託され、同団体のコンサート・シリーズMultiphoniesで初演されたチェロとマルチチャンネルテープの作品だ。Max Eilbacherサイドのタイトルは“Metabolist Meter(Foster、Cottin、Caetani And A Fly)”。メリーランド州ボルチモアでレコーディングされたこの楽曲には、死にかけたハエの音を使用している。 2作品はPortraits GRMのBandcampよりデジタルダウンロード可能。7月1日にはヴァイナルもリリースされる。 Lucy Railtonの“Forma”は以下で試聴可能。
    Tracklist Jim O'Rourke - Shutting Down Here 01. Shutting Down Here Lucy Railton / Max Eilbacher - Forma / Metabolist Meter (Foster, Cottin, Caetani And A Fly) 01. Lucy Railton - Forma 02. Max Eilbacher - Metabolist Meter (Foster, Cottin, Caetani And A Fly) 『Shutting Down Here』と『Forma / Metabolist Meter (Foster, Cottin, Caetani And A Fly) 』はEditions Megoより発売中。