日本のレコードカルチャーと音楽シーンのドキュメンタリー『Diggin' Thru Japan』が公開

  • Published
    Mon, 18 May 2020, 08:30
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • 各地のレコードストア、ヴェニュー、DJ、プロデューサーたちをフィーチャーした約1時間の映像をチェック。
  • 日本のレコードカルチャーと音楽シーンのドキュメンタリー『Diggin' Thru Japan』が公開 image
  • 日本のレコードカルチャーとローカル音楽コミュニティにフォーカスしたドキュメンタリーフィルム、『Diggin' Thru Japan』が公開された。 GautierとDamienのBarras兄弟によるドキュメンタリーシリーズ『Diggin' Thru』の第1弾となる本作は、東京の映像制作会社Strategy SETとのコラボレーションのもと、2015年に東京、札幌、大阪、名古屋、沖縄のレコードストアやクラブ、ミュージックバー、スタジオなどを訪れ、ローカルコミュニティで活動する人々にインタビューを行った。 「Sound & Influences」と「History & Culture」という2つのテーマに分けた4本、合計約1時間ほどの映像の中では、各店舗のスタッフのほかKenji TakimiDJ NobuIoriNick The Record、DJ Sarasa、MANTIS、ObrigaardといったDJやプロデューサーたちが、アナログレコードについての思いや、ローカルのクラブシーン、自身のパーティー、音楽制作などについて語っている。登場する店舗やDJ / ミュージシャンの一覧はオフィシャルサイトにてチェック。 フルバージョンの映像は以下で視聴可能。