名古屋拠点のプロデューサーMasaがデビュー12インチ「Lonesome Rummy」を発表

  • Published
    Wed, 27 Nov 2019, 01:00
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • 2曲入りEPは、同じく名古屋発のレーベルRICEから近日リリース。
  • 名古屋拠点のプロデューサーMasaがデビュー12インチ「Lonesome Rummy」を発表 image
  • 名古屋拠点のトラックメーカーMasaが、RICEからファースト12インチをリリースする。 盟友ShibaとのライヴユニットSHIBAMASAとしても活動するMasaにとって、キャリア初のレコードとなる今作「Lonesome Rummy」は、同じく名古屋を拠点とするパーティーRICEが今年初めに立ち上げた同名のレーベルのカタログ3番目として登場する(第2弾はShibaによるデビュー作だった)。EPには、2018年後半にサンプラーのみを使用し、「ブルース感を意識して作った」と本人がコメントするハウストラック2曲が収録される。 尚、12月14日(土)には、クラブMagoでSHIBAMASAによるレギュラーパーティーfücksleepが開催され、ゲストにはRobert JohnsonのレジデントであるThilo Dietrichと、東京拠点のDJ Hisashiの2人を迎える。 A面トラックの"Pampero"は以下で試聴可能。
    Tracklist A. Pampero B. Donpapa 「Lonesome Rummy」は、RICEより近日発売予定。