ロンドンのクラブOval SpaceとThe Pickle Factoryがプラスチック製品を廃止

  • Share
  • 隣接する2つのヴェニューは、店内でのプラスチックの利用の完全廃止を制約した。「その効果は劇的なものとなり、月間平均でプラカップ6万個、使い捨てペットボトル入りの水3万2000本が置き換えられる」見込みだという。
  • ロンドンのクラブOval SpaceとThe Pickle Factoryがプラスチック製品を廃止 image
  • また、両店舗は今後コマーシャルコストをカバーする為に"環境税"を導入し、余剰金はUKSCNFriends Of The Earthという2つのチャリティ団体に寄付する予定だという。

    Oval Venuesは、スペースをより持続可能なものにする為の様々な方法を他にも模索中。「もちろん、私たちが環境に与える影響の中には、私たち自身がコントロールできない部分もあります。ですが最近行われてきた取り組みの中で、特に今年のGlastonburyにおける変化には、私たちも変化を起こしていこうと刺激をもらいました。」