FESTIVAL de FRUE 2019のラインナップ発表

  • Published
    Thu, 25 Jul 2019, 05:19
  • Words
    Resident Advisor
  • Share
  • Acid Pauli、Svreca、Carista、Vessel、悪魔の沼らが、11月開催の野外フェスティバルに出演決定。
  • FESTIVAL de FRUE 2019のラインナップ発表 image
  • FESTIVAL de FRUE が2019年度が第2弾ラインナップを発表した。 『魂の震える音楽体験』というコンセプトの下、静岡県掛川市「つま恋リゾート彩の郷」を会場に、今年で3年目の開催を迎える野外音楽フェスティバルFESTIVAL de FRUE。ジャズ、ロックから、テクノ、エクスペリメンタル、民族音楽など、さまざまな音楽を取り揃えながらも、主催側の一貫したセンスがうかがえるラインナップに定評がある。11月2日(土)、3日(日)の2日間にわたり開催される本年度は、60年代にブラジルで起こったトロピカリア・ムーブメントの中心人物として知られる生ける伝説、Tom Zéの初来日をヘッドライナーに、3年連続出演となるAcid Pauliに、Geju、Aexの3人が今回集うベルリン拠点のコレクティブAcidcase、SvrecaWata IgarashiVesselと映像作家Pedro MaiaによるプロジェクトQueen of Golden Dogs、ソウルからハウス、ガラージなどを横断するユトレヒト出身のDJ Carista、そして昨年に引き続きCompuma、Dr.Nishimura、Awanoの3人からなる悪魔の沼が出演決定。 また、LAのプロデューサー / DJのCarlos Niño、サンパウロのインストバンドQuartabê、パーカッショニストBilly Martin、Itiberie Orquestra Fameilia Japão(現在クラウドファンディングで参加者を募集中)、LAのギタリスト / コンポーザーSam Gendel、USよりMarco Benevento Trio、水曜日のカンパネラとオオルタイチによるYakushima Treasureがランナップされた。 2018年度のレビューはこちらを参照。