SaraamがデビューEP「Yatsumimi」を発表

  • Share
  • 日本人プロデューサーによる3曲収録の12インチが、東京のMoph Recordからリリース。
  • SaraamがデビューEP「Yatsumimi」を発表 image
  • SaraamのデビューEP「Yatsumimi」が、Moph Recordからリリースされる。 東京拠点のプロデューサーSaraamこと本名Hiroto Takeuchiは、韓国ソウル拠点のテクノパーティー兼レーベルConstant Valueのレジンデントアーティストとして活動するかたわら、2017年には同コレクティブの設立者/プロデューサーであるEexxppoannとのデュオDecascend名義でEPをリリース。またTokyo Festival Of Modularの運営にも携わり、モジュラーシンセや音響機材の普及にも尽力している。本作「Yatsumimi」は、そんな彼がSaraam名義でリリースする初の12インチ作品となり、モジュラーシンセを駆使して制作されたエクスペリメンタル・サウンドの3曲を収録。アートワークは水墨画家のYosuke Sakaiが手掛けている。 2006年に始動したMoph RecordはこれまでにMergrimやDJ Sodeyama、Repeat PatternをはじめとするIDM、アンビエント、テクノ周辺の作品をリリースしており、2017年には初の12インチとなったShotaro HirataのEPを発表。本作はそれに続くヴァイナルリリース第2弾となる。 収録曲"Malagma"は、以下より試聴可能。
    Tracklist A1 Yatsumimi B1 Neuromyth II B2 Malagma 「Yatsumimi」は、Moph Recordより発売中。