Houghton Festivalが本年度のラインナップを発表

  • Share
  • イギリス・ノフォークのフェスティバルはCraig Richardsのキュレーション、Gottwood Festivalのプロデュースで8月開催。
  • Houghton Festivalが本年度のラインナップを発表 image
  • 今年第2回目を迎えるHoughton Festivalのラインナップが発表された。 Craig RichardsのキューレーションとGottwood Festivalのプロデュースによる同フェスティバルは、今年もイギリス・ノーフォークのHoughton Hallで8月9日から12日まで開催される。今年のラインナップには、昨年も出演したRicardo Villalobos, Andrew Weatherall, Seth Troxler, Nicolas Lutz, Ben UFO, Magda, Sonja Moonear, Optimo, Margaret Dygas, Vladimir Ivkovicらに加え、今年初登場となるZip, Objekt, Prosumer, Call Super, Jane Fitz, Shanti Celesteらが加わる。さらに今後も追加が予定されている。(現在までの全ラインナップは下記の画像に掲載) 「昨年のノーフォークでの4日間は、単に魔法のように起こったのではなく、音楽、アート、約束された体験を、真摯に、厳選された形で表現することで起こり得たものだった」とRichardsは語る。「セッティングは完璧以外の何物でもない。昨年の成功を基盤にして、拡大はするものの、全体のストーリーについては昨年のものに若干の改良を加える程度で守っていき、当初のコンセプトにこだわり続けようと思っている。アーティスト、DJ、ミュージシャン達は完全実力主義で平等に扱い、パフォーマンスを行う全員に輝くチャンスがあり、そして参加者は皆最高の体験ができる」。同フェスティバルは24時間運営のライセンスで行われる。 フェスティバルでのアートや彫刻のプログラムについては近日公開予定。なお、会場内にある邸宅Houghton Estateではこの夏、イギリスの著名な現代アーティストDamien Hirstのエキシビジョンが開催され、彼の作品の中でも特に有名な作品が同建物の庭園内に展示される予定。 当サイトでも、Stephen Titmusによる、2017年のHoughton Festivalのレビューを掲載している。
    枚数限定の前売りチケットは、1月31日(水)午前9時(イギリス時間)から、昨年チケットを購入した人のみ対象で発売開始(対象者には販売サイトへのリンクが記載されたメールが個別に送られる)。一般販売は2月2日(金)午前9時(イギリス時間)から。 Photo credit: Jake Davis