新パーティーDAZE OF PHAZEが始動

  • Published
    Wed, 8 Jun 2016, 10:10
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • 初回のゲストには、UK拠点のAndrew James GustavとGwenanが出演。
  • 新パーティーDAZE OF PHAZEが始動 image
  • 新たなパーティーDAZE OF PHASEが、6月末に東京と神戸の2都市でスタートする。 これまでにFuture TerrorやCabaretのレジデントを務め、現在は東高円寺のGrassrootsで自身のパーティーLAIRを主催するKABUTOが、今回新たに始動させるDAZE OF PHASE。その第1弾が、6月24日(金)代官山UNIT、25日(土)神戸Troopcafeにて開催される。初回のゲストに迎えるのは、ロンドンを拠点にHifiというパーティーを主催しているAndrew James GustavGwenanの2人。彼らは、ベルリンのBinhやNicolas Lutz、Slow Lifeクルー、そしてイタリアのFrancesco Del Gardaらと同様、90年代〜00年代のオブスキュアなハウスやテクノ、エレクトロ、ブレイクビーツのレコードのディグに情熱を注ぐことで知られるセレクターだ。2人とも今回が初来日となり、両日共にKABUTOを交えた3人で一晩を作り上げる。 オーガナイザーであるKABUTOに新パーティーのコンセプトを尋ねたところ、「完全現場主義」という答えが返ってきた。パーティーは今後も、UNITとTroopcafeをベースとし定期的に続けていく予定だという。 東京公演の前売りチケットは、現在RAにて販売中。