Egal 3 aka VIDが再来日

  • Published
    Tue, 15 Jul 2014, 04:10
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • ルーマニアの若手プロデューサーが、今月末に東京と大阪でプレイ
  • Egal 3 aka VIDが再来日 image
  • Egal 3が、今月末に約1年振り2度目の来日を果たす。 1992年生まれのルーマニア人プロデューサーSorin Rastoacaは、若いながら既にヨーロッパのミニマルハウスシーンで注目を集める存在となっている。彼は2つの名義を使い分け、Egal 3名義ではEdecやFear of Flying、Monique Musiqueといったレーベルからレコードをリリースし、もう1つのVID名義では、より音数を少なくしたダビーでディープなプロダクションを展開している。今回のツアーは彼にとって2度目の来日となり、まずは7月25日(金)渋谷WOMBにて開催されるRhythmholicに出演。メインフロアにはEgal 3のほか、アムステルダム在住の日本人プロデューサーのKnockが登場する。Knockは今春自身のレーベルSound of Vastを立ち上げており、その第1弾リリースがEgal 3によるEPであった。また、翌7月26日(土)は、大阪のニューヴェニューSocore Factoryでプレイすることが決定している。 尚、Egal 3は今回の来日に併せたエクスクルーシヴミックスを公開しているので、パーティーの前にチェックしてみてはいかがだろうか。