Diamond Versionがジャパンツアーを開催

  • Published
    Tue, 22 Oct 2013, 08:00
  • Words
    Tomoko Naoshima
  • Share
  • Raster-Notonのツートップによるユニットが大阪、京都、東京に登場。
  • Diamond Versionがジャパンツアーを開催 image
  • Alva NotoとByetoneによるユニットDiamond Versionが来月はじめに、大阪、京都、東京の3都市を廻るジャパンツアーを開催することが決定した。 Diamond Versionは、ドイツの名門電子音楽レーベルRaster-NotonのツートップであるAlva NotoByetoneが2012年に結成したコラボレーション・プロジェクトだ。昨年から今年にかけてMute RecordsよりEPシリーズ5部作を発表し、今年6月には野外フェスTAICOCLUB '13で強烈なライブを披露した彼らが再び日本に上陸することとなった。今回のツアーでは、11月1日(金)大阪Conpass、11月2日(土)京都Club Metro、そして11月3日(日)は都市型フェスRed Bull Music Academy Weekenderの一貫として恵比寿LIQUIDROOMで開催されるEMAF TOKYO 2013に出演することが決定している。尚、東京公演は、TAICOCLUBでのライブと同様、蛍光灯の放電ノイズを使用した音響装置オプトロンを開発したAtsuhiro Itoとの共演が決定しているほか、LIQUIDROOMでは同日RBMA SessionとしてAlva NotoことCarsten Nicolaiによるレクチャーが開催される。