Machine Love

  • Machine Love is a series on RA where we unapologetically geek out with a producer about their studios.

2017

2016

  • 28 Oct 2016

    制作・ミキシング・マスタリング・エンジニアリング・DJ・レーベルマネージメント・・・ 様々な経験を持つMatthew Styles。それらをいかにしてスタジオに落とし込んでいるかについて本人が語った。
  • 23 Aug 2016

    知識を捨て直感を信じるというアプローチでバラエティに富んだ数々のトラック群をリリースしているPeder Mannerfelt。そのアプローチと独特の音楽性に辿り着くまでの経緯をMark Smithが追った。
  • 30 Jun 2016

    ユニークなロウ・サウンドを誇るUK出身のプロデューサーの制作手法をMark Smithが探る。
  • 27 Apr 2016

    ヴィンテージシンセが使用できるベルリンのスタジオHandwerk Audio。創始者のひとりであるPeter Van Hoesenが機材群とサービスについて説明した。
  • 8 Mar 2016

    テクノ、アンビエント、ドラムンベースの狭間を行き交いながら、これらすべての慣習を否定し続けるこのベルリン在住のアーティストの作品群は捕らえどころがないが魅力的だ。Mark Smithがそのサウンドの制作方法に迫った。
  • 5 Jan 2016

    イタリアンサイケデリックテクノデュオがそのユニークなライブセットの裏側を案内する。

2015

  • 27 Nov 2015

    「多分ギグで稼いだ半分は機材につぎ込んでるね」 − テクノシーンを代表するライブアーティストのスタジオをJordan Rotheleinが訪問した。
  • 21 Jul 2015

    モントリオールのMUTEK 2015にて、Uwe Schmidtが自身のオーディオ・ビジュアル・ショウ、HD Liveの仕組みを解説してくれた。

2014

  • 18 Jun 2014

    London Electronic Musicに出演したKarennことBlawanとPariahに、その強烈なテクノを生み出すライブセットを解説してもらった。
  • 16 May 2014

    2人のニューアルバムの誕生において、とあるシーケンサーとカリフォルニアの酒場が果たした重要な役割とは?Ryan Keelingが紐解く。

2013

2012

  • 23 Oct 2012

    Items & Thingsのボスがお気に入りのシンセサイザー5台について語る。
  • 31 Aug 2012

    Ulrich SchnaussとVoyetra 8やHartmann Neuronなど、様々なシンセについて語る。
    Ben Oliver
  • 26 Mar 2012

    Border Communityに所属する気鋭のアーティストが、モジュラーシンセを使った制作について語る。
    Ben Oliver
  • 12 Mar 2012

    イタリア人ダブテクノデュオがマスタリング、ライブセット、そして世界政治について語る。

2011

  • 28 Nov 2011

    多作を誇るテクノ界の実力者の1人がスタジオの扉を開ける。
    Resident Advisor
  • 31 Oct 2011

    人気のカナダ人デュオ、Art DepartmentのJonny Whiteにデビューアルバムの制作プロセスについて話を聞いた。
    Resident Advisor
  • 20 Aug 2011

    数多くの名義でのプロデュースを手掛けるBrendon Moellerがその成功の秘訣を語る
    Resident Advisor
  • 18 Jul 2011

    Axel Boman, Kornél Kovács そして Petter のいるストックホルムのスタジオに潜入。
    Resident Advisor
  • 30 Jun 2011

    Garden Festivalでのパフォーマンスに先立って、Danilo Plessowのスタジオで緊急インタビュー。
    Resident Advisor
  • 9 May 2011

    RAがドラムンベース・プロデューサーのスタジオに潜入。シンセサイザーとサンプリングについて語る。
    Resident Advisor
  • 28 Jan 2011

    エレクトロ・ハウス・シーンの重要人物で、さまざまな音を繰り出すフランクフルト出身のRoman Flügelを、RAのRyan Keelingがインタビュー。
    Resident Advisor