Kangding Ray

  • 時代の先端をゆく音楽実験場へのいざない 今年で設立25周年を迎えた世界を代表する音響系レーベルraster-noton。その第一線で活躍するKangding Rayが待望の再来日を果たし、2014年のThe Labyrinth以来のライヴセットを披露する。共演には、ヴェネツィア国際現代音楽祭で銀獅子賞を受賞するという快挙を成し遂げ、ベルリンの実験音楽フェスティバルの最高峰Atonalでの登壇実績を持つRyo Murakamiをはじめ、同フェスティバルに2年連続出演したEna、The Bunker NYから新作をリリースしたばかりのWata Igarashiと、近年海外での活躍が目覚ましいアーティストが手堅くサポート。ダンスフロアという場所で、飽くまでも「体を動かす音楽」を志向しながらも、「テクノ」や「ダンスミュージック」の枠を超えた、真にエクスペリメンタルなサウンドを体感できるであろう。
  • Kangding Ray - Flyer front
    Kangding Ray - Flyer back