Factory Feat.Lena Willikens

  • ̸

    Lineup

    Lena Willikens (Cómeme) Whan! (Live) AIDA ALUCA Sound Support By Yori
  • Share
  • 「長くレジデントを続ける以上にDJを洗練させるものはない。」 ケルン出身の音楽家/DJであるLena Willikensは、ヴァイナルをスピンするたびにそれが自明であることを証明している。 デュッセルドルフにある自由精神を体現するクラブ "Salon Des Amateurs “において、彼女は五年以上もの間オーディエンスの熱気で溢れた金曜のパーティを任されている。 またComeme recordsのメンバーとして、レーベルパーティで頻繁にプレイしているほか、Radio ComemeではJuno recordsのベストポッドキャスト2014にも選ばれたマンスリー番組 "Sentimental Flashback"を運営している。 DJとして、時にはラジオのパーソナリティ/プロデューサーとして、彼女は1つの枠には決して収まらず他に類を見ないモノであればそれら全てを歓迎する。トラックメーカーとしては、デュッセルドルフをベースとした"Slowboy Records”のヴァイナルサンプラー”Kingii"に、とびきりゴーストウェイブなトラック"High Holes”を提供。また2015年初頭には、ドローニッシュなEBM、ゴースト・ハウスからノーウェイブまでもを彷彿させる6トラックをパッケージした初のソロEP “Phantom Delia”をComemeからリリース。さらには、1933年に製作された無声邦画「港の日本娘」のオリジナルサウンドトラックを作成し、テルミン、ループペダルやターンテーブルを用いたライブパフォーマンスも行っており、今後彼女から生み出されるプロダクトを目にする機会は確実に増えていくだろう。 彼女は自身のプロダクトに限らず、DJにおいてもダンスと自由な思考に身を任せることを好む。彼女は淀み濁ったプロトテクノやジャックハウス、インダストリアル、あるいはブギー、シンセディスコ、さらにはロウハウスや規格外のビートまでもをセレクトする。これまでにGolden Pudel (ハンブルグ),Corsica Studios (ロンドン)、Panoramabar (ベルリン)といったクラブだけでなく、NachtdigitalやNuits Sonoresといったフェスでも賞賛されるプレイを披露しており、UK、スペイン、東ヨーロッパや南北アメリカツアーを敢行した。 彼女がプレイすればいつでもフロアは未知で奇怪な空間へと変貌するであろう。 貴方もその空間の中で考えることを忘れて、只々踊り続けて欲しい。 Nothing trains a DJ more than a long lasting residency. A truism that the Cologne based musician and DJ Lena Willikens always proves when she spins her vinyl. Since more then five years, she has been in charge of long and sweaty Friday night parties at Düsseldorf’s free-spirited club/bar Salon Des Amateurs. She is also a dedicated member of the Cómeme records tribe and all its missions: her name is frequently on the label’s party bills and she runs globally famed the monthly radio show “Sentimental Flashback” for Radio Cómeme, that UK-based Juno records elected to the best podcast/mix of 2014. As a DJ, radio broadcaster and producer, Lena is never committed to one style, all is welcome as long as it is twisted the in a one-of-a-kind way. As a producer she arranged a very special ghost wave track “High Holes“, that was released by the Düsseldorf based label Slowboy Records via the vinyl only sampler “Kingii” in 2012. Early 2015 she released her first solo EP “Phantom Delia” on Cómeme. Therefore she produced six mystique tracks between droning EBM, ghost-house and no-wavish outernational grooves. The same sonic approach to music is significant for Lenas live performances in the name of film, a thing she recently added to her artistic catalogue. As a debut she prepared an impressive soundtrack to the Japanese movie “Japanese Girls from the Harbour” for the LiveSoundtrack Festival in Barcelona. Generated with a set-up of Theremin (trained in her former band Titanoboa) effects, loop pedal and turntables, the result was a partly spooky, partly melancholic atmosphere, fitting the dramatic and depressing aethetic of the movie. Definitly a thing we will see more often from Lena Willikens in the future. Not only in her productions, also when she spins records Lena likes to let her self go in the name of dance and free thought. Her unforeseeable selections are pooling obscure proto-techno, jacking spirits, industrial boogie, synthesized disco, raw house and other outernational rhythms. So far she cheered clubs like Golden Pudel/Hamburg, Corsica Studios/London, Panoramabar/ Berlin, festivals like Nachtdigital or Nuits Sonores and toured through UK, Spain, East Europe, South and recently North America. Wherever she performed she surprised the folks and left them amazed about how expanded a crowd can let go and how far a DJ can move a dancefloor into unknown and bizarre spheres that stay catchy, while being edgy.
  • Factory Feat.Lena Willikens - Flyer front
    Factory Feat.Lena Willikens - Flyer back