• Venue
    R Lounge
    • Tosen Udagawa Bld. 6F/7F, 4-7, Udagawa, Shibuya, Tokyo, 150-0042, JPN
  • Date
    Sun, 12 May 2013
    16:00 - 23:00
  • Attending
    • 6
  • ̸

    Lineup

    Hard Floor(6F)>>> Guest DJs: TAKAMI(REBOOT/hi-lite/BUZZ×3/"7") KATO RYOTA Feat. DJ: SE-TA(Line/SPE:CLE") DJs: Aki Yoshioka(Samidare Fadein") Naojohnny(switchblade) HERNIA(mitsuami) Honeytrap VJs: SATOSHI(Line/M.U./AUBE) comboy(Line/M.U.) Deep Floor(7F)>>> Special Guest DJ: Shhhhh DJs: Coota Yuto Sasaki(atrip/TENKA) mo2k(inception) Aiko Morita(EUREKA!) KIUCHI RYO(KNC/HAM:/Wonderground) suno(mute/shower) VJs: two-trees Jericho new names Contents>>> Accessories: tanico(6F) Live Painting: AMSY(6F) hiropon(7F) Yuya Igarashi(7F) T-Shirts Paint: Yu Okita(7F) Food: VEGAN HEALING CAFE(6F)
  • Share
  • Concept Techno/House/Minimalを軸に良質なダンスミュージックを打ち出してきたデイイベントOASISが3周年を迎える。初夏入り間近の今回、Techno/Tech Houseサウンドを中心としたHard Floor(6F)とElectronica/Minimal/Deep Houseを軸にしたDeep Floor(7F)の2フロアで開催決定。Hard Floor(6F)には東京を拠点にテクノ、ハウスを問わず日本各所や香港など様々なパーティーでゲストプレイをこなすTAKAMI、都内のシーンで活躍を続けるTechnoマイスターKATO RYOTAが登場。FEAT. DJには、Lineを主宰し海外レーベルより多数のRemix曲がリリースされているSE-TAが出演決定。レジデント陣であるAki Yoshiokaとcootaらに加え、週末・平日限らず都内のクラブミュージックシーンにて活躍するアーティスト達が集結し、R Loungeの空間を鮮やかに彩る。 Guest DJ Profile TAKAMI 1995年からDJを始め、現在は「[email protected](西麻布)」、「[email protected](新木場)」、「BUZZ×[email protected](渋谷)」、「"7"@ArcH(新宿)」のレジデントDJとして活躍中、ネオ・モダンなテクノパーティー「ハイライト(hi-lite)@神宮前GALAXY」を2013年3月よりオーガナイズ。他、2012年5月より日本初のダンス専門インターネットラジオblock.fmにて「radioREBOOT」(毎週火曜日 24:30-)をレギュラー担当。東京を拠点にテクノ、ハウスを問わず日本各所や香港など様々なパーティーでゲストプレイし意欲的な活動を行っており、CRISTIAN SMITH、HARDFLOOR、SUBHEAD、MARCO BAILEY、CRISTIAN VARELA、TOMEHADESなど来日時にも共演し、「TECHNO」を基本とした独自の選曲と安定感のあるプレイスタイルは、幅広いオーディエンスやDJの間で評価が高い。また、ロック&クラブマガジン「LOUD」によるDJ人気投票「DJ 50/50」にも、2006年より連続ランクインを果たし、その人気の高さが伺える。2002年9月には自身、MOON AGE RECORDINGSから初リリースとなった「AGAINST THE OVERDRIVE E.P.」はQ'hey、DJ SHUFFLEMASTER、YAMA、DJ UIROHなどから高い評価を受けた他、ドイツのクラブ誌「raveline」では5つ★の評価を得て話題を呼んだ。数多くのトラックをリリースし、その楽曲のオリジナリティーの高さからリミキサーとしても作品を提供している。 KATO RYOTA 西麻布COLORS STUDIOなどでレジデントDJをつとめた後、Q'HEY、SUHARA、KOOと共に2011年まで渋谷ROCKWESTで開催されたAFTER HOURS PARTY「BOOST」に参加。現在は渋谷moduleでの「PHENOMANA」やWOMBでの「GRAMMY REFINED」、新宿ArcHでの「QUICK」などを中心に活動。TECHNOをメインにした想像力に富んだDJ、そして、曲がそれぞれ持つ音の特質を活かしたグルーヴは、時として温もりがある空間をフロアに生み出している。AFTER HOURSでは渋谷amate-raxiでの「NEW YEAR'S DAY AFTER HOURS」などに出演し、「Attach!」の6 HOURS LOUNGEでは6時間のロングセットなどもつとめた。また、渋谷WOMB、西麻布eleven、代官山AIRやSALOONなど都内の様々なクラブをはじめ、福岡、茨城、埼玉、神奈川などでもプレイを重ねるほか、2008年には新木場ageHaで開催された「PIMP SPECIAL」、2009年には代官山UNIT/SALOONで開催された「TIMEWARP Tour '09」などへ出演。2010年には渋谷club asiaで開催されたThe SunPaulo主催「WISDOM」でKaoru Inoue、KAGAMIのサポートをつとめ、2011年7月にはキマグレンが立ち上げた逗子海岸OTODAMA SEA STUDIOで開催された「IT'S A BEACH PARTY」に、石野卓球、☆TAKU TAKAHASHI、DJ KENTAROらと出演。また10月には、渋谷club asiaで開催された「HITSUJI」に、ATAK Dance Hall (渋谷慶一郎+evala)、Fragment×leno、画家らと出演。 Shhhhh DJ/東京出身。オルタナティブなワールドミュージック/伝統伝承発掘活動。フロアでは民族音楽から最新の電子音楽全般を操り、オリジナル且つ魔術的なフリースタイル・グルーヴを発明。『ウニコリスモ』ほか2作品のアルゼンチン音楽を中心とした、DJ視点での南米音楽コンピレーションの編集、監修。 dommuneのBROADJの出演回数は最多のうちのひとり。 アメリカ西海岸L.Aのdublab.comにアンビエントミックス『funeral gaucho』が紹介された。 そして、2013年3月、オフィシャルミックスCD『EL FOLCLORE PARADOX』がavex傘下tearbridgeよりリリースされた。 ”PROCEPTION、”EL QUANGO”、”BLACK SMORKER RECORDS”といった日本屈指のアンダーグランド・レーベルよりMIXCDをリリース、いずれもロングセラー。 又、独自の視点でのスペイン音楽取材活動。ライナー、ディスクレビューなど執筆活動や様々なジャンルの海外アーティストとの共演や招聘活動のサポート。 全国各地のカルト野外パーティー/奇祭からフェス。はたまた町の酒場で幅広く活動中。 Feat. DJ Profile SE-TA "中毒性"が高いそのPlayはFloorを熱狂の渦へとジャックし、中毒音楽をParty Peopleに植え付ける。世界を見据えたそのPlayは活躍の場が留まる事がない。「人と人を繋ぐ線、音と人を繋ぐ線、音と音を繋ぐ線…。」を推奨し、New Generation Techno Party "Line+"を主宰。これまでSpeedy.J/GARY BECK/BECKERS/Mark Broom/Gabriel Ananda/Dj TONIO/KEN ISHI/Q'hey/A.Mochiと行った数々のアーティスト達を招聘し、独自のTechno Rootsを開拓している。"Line+"の拡大版"Line Project"は大きく展開され、楽曲制作においても世界最大のクラブミュージック配信サイトのBeartPortにて"East Side Line" "East Side Line Remixers Collection"をTC RecordingsよりReleaseし、全国ツアーも開始。【Original Tracks】 Destroy, Enough Of The Night, Pledetor(Black Pearl Music),Groove A.I(Fish Records), Museum(FLU.RECORDS), DengereD(Feierkind- Records), Trico(Burnzzz Records), Fly(FLU.RECORDS) 【Remix Tracks】 Make motion(Tekx Records), Minimalize me(Burnzzz Records)を各国LabelよりReleaseし、海外からも高い評価を得ている。これまでageha, WOMB, WAREHOUSE702, air, asia都内大型クラブは勿論の事、Guest DJとしても数々のEVENTに出演、地方でもGuest DJとして招待され、今後国内外の問わず活躍が期待される逸材と言えるだろう。
  • Oasis - Flyer front
    Oasis - Flyer back