SónarSound Tokyo 2013

  • これまでロンドン、ニューヨーク、ブエノスアイレス、サンパウロ、ハンブルグ、シカゴ、南アフリカと世界各地の主要都市で開催されてきたソナー。ここ東京では2002年より開催。2011年には東日本大震災と福島第一原発での事故により多くのイベントがキャンセルとなる中、復興支援をいち早く発表し震災後初の大型フェスとして開催。カール・ハイドとダレン・プライスを擁するUnderworld DJs、Flying Lotus、Battlesといった海外ビッグ・アクトに、国内からはY. Sunahara、池田亮司、DJ Krush、高木正勝、DJ Kentaroを始めとする先鋭アーティストが出演し、復興の願いがこもった奇跡の2日間として多くの人に勇気と感動を与えた。 そして続く2012年にはスクエアプッシャー、クラーク、シネマティック・オーケストラ、ヴィンセント・ギャロ、マウント・キンビー、黒川良一を筆頭に総勢50組を超えるより幅広いアクトが出演し、様々なカルチャーのクロスポイントとハイライトを生み出した。 そして2013年、再びソナーサウンド・トウキョウが4/6(土)、4/7(日)の2日間に渡り、ageHa/Studio Coastで開催決定! 毎年、驚くべきコンテンツの数々で、高い評価を集めてきたソナー、注目の第一弾出演者発表は以下の通り! 自身のレーベル<Werkdiscs>において数多くの優れたアーティスト達を発掘しつつ、自身もアルバム『R.I.P』でWireやSpinなどで年間ベスト・アルバムに選ばれるなど、世界中から注目を集めるインディ・ダンス界の最重要人物アクトレス。未だ謎多きアフロ・フューチャリスティックなパフォーマンスは必見! 名門<Warp>との契約を電撃発表し、1月に待望の新作『NEWS FROM NOWHERE』をリリースするダークスター。オーナーのスティーヴ・ベケットをしてレディオヘッド、ブライアン・イーノ、ビーチ・ボーイズを引き合いに2013年の<Warp>を体現すると言わしめたサウンドが遂に全貌を現す! 刺激的なダブ・ミックスで知られる〈On-U Sound〉の総帥エイドリアン・シャーウッドと、〈Tectonic〉を率いるブリストル・ダブステップの王者ピンチ。ベース・ミュージック・ファンには垂涎とも言える両雄のドリーム・タッグがソナーサウンド・トウキョウにて世界初披露!
  • SónarSound Tokyo 2013 - Flyer front
Are you a promoter?Submit event

© 2021 Resident Advisor Ltd. All rights reserved.