Junction x Multum (Seoul, South Korea ⇄ Tokyo, Japan)

  • ̸

    Lineup

    Seiryun (Junction / Seoul) Yetsuby (Salamanda / Junction / Seoul) Frankie $ (N.O.S. / House Not House) Romy Mats (解体新書)
  • Share

  • RA PICK
  • WWWβとアジア各都市のローカルクルーによる新たなコラボプログラムの記念すべき初回に、ソウル拠点のSeiryun率いるパーティーJunctionがフィーチャーされた。
  • ADV ¥1,500 | DOOR ¥2,000 | U23* ¥1,500 ※You must be 20 or over with Photo ID to enter. *500 yen off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age. *23歳以下は当日料金の500円オフ。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。 New exchange program “multum” focusing on local clubs, parties and platforms in rapidly growing Asian scene is launched. The first event will feature an upcoming party "Junction" led by DJ / producer Seiryun, who is also close to the streetwear brand from Seoul, Korea. The collaboration party will be held in Tokyo and Seoul. 成長著しいアジア各都市のローカルなクラブ、パーティー、プラットフォームなどにフォーカスする新たな交換プログラム『multum(マルタム)』が2020年2月にWWWβから始動。記念すべき初回は、韓国・ソウルより、“Welcome To Acid House”でお馴染みの同地発ストリート・ウェア・ブランド〈The Internatiiional〉とも密接なDJ/プロデューサーのSeiryunが率いる新興パーティー『Junction』をフィーチャーし、東京とソウルにてコラボレーションパーティーを開催する。 数年単位で旬のクラブが激しく移り変わっていく韓国・ソウルのシーン。その度に、融和的な新鋭から中堅までのDJたちはジャンルの垣根を超えて入り混じり、新たな可能性を模索し続けている。2019年10月に始動した『Junction』は、まさにそのローカルな交流の中で発生する“直感的なシナジー効果”に焦点を当てており、主宰には、〈The Internatiiional〉とNTS Radioのコラボレーションにも参加し、メロディックでアシッドテイストなハウス/ブレークスのプロデューサーでもあるSeiryunを筆頭に、〈Budwiser〉が各国で展開する大型イベント「BUDXBEATS」にフィーチャーされたオリエンタル&レフトフィールドなベース・テクノで新風を吹き込むYetsuby、アシッドとレイヴの要素をよりテクノの陶酔的なゾーンへと引き込むスタイルのMind Flayedと、実に多彩な面々が携わっている。最新のパーティーは、The Henz Club系列のテクノ/ハウス・ヴェニューModeciで開催するなど、その知名度を徐々に拡大させている。 そして東京にて、新たなアジアのハブとなる『multum』がローカルから東京編にフィーチャーするのは、〈The Internatiiional〉が主催する『RAVE AGE』への出演に加え、ソウル・Contraでのレジデンシーも行なっていた〈N.O.S.〉クルーよりFrankie $。そして、過去にソウルで7度のギグを行い、自身が主宰するパーティー『解体新書』にもAirbear、Mignon、Acidworkなど韓国人DJを招いてきたRomy Mats。 さらに韓国編には、東京から2人のDJが参加。新世代のハウスコレクティヴとして躍動する『CYK』においてグルーヴのバランス感を司り、“生粋のセレクター”的なスタイルで評価されるDJ No Guraranteeと、2019年に京都から東京へと拠点を移して以来、煌びやかなハウスからドープなベースまで独自の観点で織りなすスタイルで様々なフロアを圧倒しているToreiが、韓国・ソウルデビューを果たす。
  • Junction x Multum (Seoul, South Korea ⇄ Tokyo, Japan) - Flyer front