Remettop presents Disco Tours

  • グルーヴの魔術師、モーリス・フルトン襲来! ここ恵比寿の地で、伝説の夜を幾度も作り上げたモーリス・フルトンが2019年も登場。さまざまなグループへの参加、そして名義を使い分け、1990年代初頭より、ハウス・シーンにおいて重要プロデューサー、DJとして活動。Syclops名義で2019年にアルバム『Pink Eye』をジャーマン・ディープ・ハウスの最重要レーベル〈Running Back〉からリリース。本名義が標榜する唯一無二の異形のファンク・サウンドで、その相も変わらずな“鬼才”っぷりを世に証明した。そしてDJはご存じのように、ディスコ~ディープ・ハウスを基礎骨格に、その腰にくるグルーヴは絶品そのもの!今回はタイムアウト・カフェにて、DJ NORIとMUROによる、日本を代表するハード・ディガー2人によるDJユニット、キャプテン・ヴァイナルともにプレイ。まさに洋の東西を問わない、トップ・レベルのディスコ・マスターたちによる共演になるのでは! またお隣KATAではモーリスが生み出す先鋭的なサウンドに共振するクラブ・サウンドを。〈L.I.E.S.〉や〈Unknown To The Unknown〉といった海外の有力レーベル、さらに自身のレーベル〈10 Inches Of Pleasure〉からZZZで名義でアシッド・サウンドを生み出す、DJ NOZAKI。NYCのDiscwomanのメンバーを招聘するなどボーダレスに広がるダンス・サウンドの“いま”そこにあるエッジを体現するWWWβでのパーティ、KRUEをMari Sakuraiと主宰するMayurashkaが出演。 さらに両フロアーをまたいで現場をバックアップ&取り仕切るは2つのクルー=REMETTOP = REMEDY + FLATTOP。KOARAを拠点とするREMEDY CREW、さらにはハウスを軸にヒップホップやオルタナティヴ・ロックなどと刺激的な交流をオーガナイズするFLATTOP CREWと、イキの良い、東京のジェネレーションを垣間見ることができるだろう。(河村祐介)
  • Remettop presents Disco Tours - Flyer front