Galcid (Detroit Underground) Live _ D.J.Fulltono (Exit Records)

  • galcid // Lenaによるソロユニット。“シンセマエストロ・齋藤久師”をプロデューサーに迎え、2013年に始動。 アナログシンセザイザー、ユーロラックを使いこなした「完全即興スタイル」が話題を呼び、NINA KRAVIZ、DANIEL MILLER、Oval、冨⽥勲⽒との共演や、インド・ムンバイで開催された⽂化庁海外メディア芸術祭に召集されるなと⼀躍話題に。 2016年8⽉にリリースされた記念すべき1st. アルバム“hertz”(Detroit Underground)は、発表されるや否や、カール・ハイド(Underworld)やクリス・カーター(スロッピング・グリュッスル)を始めとする世界の名だたるアーティストたちから賞賛を得た。 同年12⽉にTDMEで⾏われBoiler Roomに出演。 その後国内のライブを重ねながら、2017年3⽉は⾹港、7⽉はバルセロナ、マドリード、ロンドン公演を⼤成功に収めた。2017年11⽉、⽇本科学未来館で⾏われたMutek.jpに参加。Mutekでは入場制限が出るほどの盛況ぶりだった。年末には深センのラジオ局Future Mixの⽂化交流を⽬的とするフェスで、galcidは演奏と共にドイ ツのレジェンドDJマイク・ヴァン・ダイクと、トークセッションとモジュラーのワークショップを担う。その後も⽂化庁とMutekが主催する⽇本メディアアートフェスティバルの授賞式のアフターパーティーイベントで映像作家とコラボレートして参加し、話題に。 2018年5月にNitzer Ebbのカバーを制作したものをカールハイドが気に入り、ラジオ局で流したいとオファーを受ける。 7月には坂本龍一氏がgalcidの楽曲をspotifyでピックアップし話題に。 2018年8⽉末にはモントリオールでのフェスを⽪切りにスイス、ベルリンなどのヨーロッパツアーを予定。 galcid is Lena’s solo project produced by the legendary synthesist, Hisashi Saito. Lena’s electrifying live performances utilizing eurorack modular synths in addition to vintage and modern machines follow three simple 3 rules: NO PCs, NO Presets, NO Preparation! She has played alongside world renowned artists such as NINA KRAVIZ/ DANIEL MILLER / Oval / DJ NOBU / MOODMAN / Isao Tomita/ Takkyu Ishino / KEN ISHII / DJ Sodeyama / G-men (LFO) among others. In February 2016, she was invited by the Japan Media Art Festival toplay at the special exhibition “The Medium as Somatic Impulse”, held atthe EYEMYTH Media Arts Festival in Mumbai, India. Her memorable 1st album“hertz” received a worldwide release in digitalformat on the Detroit Underground label. The release attracted theattention of Karl Hyde (Underworld), Chris Carter (Throbbing Gristle) among other well-known musicians the world over. Shortly thereafter, galcid played at Boiler Room TOKYO in TDME(Tokyo Dance Music Event). The performance attracted more than 360,000 views (only for galcid),and more than 500 shares on Facebook. In July 2017, she embarked on her first EU tour playing shows in Barcelona, London, and Madrid. In October and November 2017, she participated in Iron Island Festival and Mutek Japan garnering high praise in the media. In December 2017, she was invited to headline Future Mix’s 20th Anniversary event and workshop in Shenzhen where she performed and held a talk with techno pioneer Mijk Van Dijk. In May 2018, she recorded a cover track of Nitzer Ebb. Karl Hyde loved the track and played it on his radio program. In July 2018, galcid’s album was selected by Ryuichi Sakamoto on Spotify. https://galcid.com/ —————————————————————————————————————— D.J.FULLTONO // 大阪在住のDJ/トラックメイカー。1996年京都にてDJ開始。その当時はミニマルテクノを主体としていたが、その中でもシカゴハウス・ゲットーハウスに惹かれ、2000年を境にシカゴ・ジューク、デトロイトのゲットーテック・エレクトロを主としたスタイルにシフトする。 2008年にレーベル〈Booty Tune〉を開始。国内初のジューク/フットワークのレーベルとして、国内外のアーティストをリリース。ベースミュージックの祭典〈Outlook Festival Japan Launch Party〉にBooty Tune Crewとしてサウンドクラッシュに参戦しレーベルを全国へアピール。DJ活動と並行し、タワーレコードの音楽情報サイト〈Mikiki〉への連載や、CDライナーノーツへの執筆。Planet MuやHyperdubの日本版オフィシャル・プロモ・ミックスCDを手がけるなど、日本ではマイナージャンルであったジューク・フットワークを普及するための活動を行う。 2014年に自身のレーベルから発表したミニマルを前面に押し出したジュークEP 『My Mind Beats Vol.01』がUSの〈Orange Milk〉にライセンスされ、USの音楽メディア『Rolling Stone』誌の “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” に選出された。2016年ポーランドで開催されたUnsound Festivalに出演。同年のUSツアーでは、ロサンゼルスの老舗パーティー〈Low End Theory〉に出演他、長年の目標であったシカゴでのDJを果たす。 2019年に、dBridge主催レーベルEXIT Recordsより “Before The Storm EP” をリリース。 現在のプレイスタイルは、ジューク・フットワークを、自身のルーツであるミニマルテクノ的な感性でミックスする独自のスタイルを追求している。 DJ Fulltono is a DJ/ producer based in Osaka, Japan, and he also runs a record label "Booty Tune". While rooted in juke and footwork, his repertoire spans over ghettotech, electro, Chicago house and beyond. He pursues his own way of weaving them all together with the sensibilities of techno mixing style and the skills he has developed over decades of experience playing out in clubs. He has contributed an official promotional Japan-only label mix CDs for Planet Mu and Hyperdub in the past. His 2014 release on his own imprint ”My mind beats vol.1” EP was licensed to Orange Milk in the United States, and was later selected one of the “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” by Rolling Stone magazine. In 2016. he was invited to play Poland’s renowned Unsound festival, and also to the US for an extended tour which included ”Low End Theory" in LA and realized his dream of playing in Chicago. and so on..And his aim in his life playing in Chicago was achieved. Fulltono’s track was included in Burial & Kode9’s exclusive mix for Mary Anne Hobbs on BBC 6 Music last year, and he just had his latest “Before The Storm” EP released on dBridge’s EXIT Records. http://bootytune.com/ https://soundcloud.com/dj-fulltono
  • Galcid (Detroit Underground) Live _ D.J.Fulltono (Exit Records) - Flyer front