Moldive with Madteo

  • ̸

    Lineup

    Madteo (M.A.D.T.E.O./SAHKO/WANIA) KANO YOSHIMI KAITO. g'n'b PA: Kabamix
  • Share
  • MADTEO (M.A.D.T.E.O.Records/Wania/Sähkö Recordings) 親しい間柄では本名のMatteo Ruzzonとして知られるMadteoは、誠実なプロデューサーであると同時に貪欲なDJである。その研ぎ澄まされた音楽性や世界観には、90年代半ばのニューヨーク移住が大きく影響している。要するに、ニューヨークの冷酷な美しさが彼の内面に、さらには彼の創り出す音楽にまでも深く浸透していったのである。残酷なまでにペース・ダウンした、まるで這うような街のスピードがそれをさらに増幅させ、トラックの表層を泳ぐメロディーやヴォイス(多くの場合は彼自身のものである)として奇妙な姿で立ち顕れてくる。そうやって確立された、深く酩酊へと誘う彼の作風は、イタロ・サウンドに繊細かつ過剰な処理を施した作品やThe Bomb Squadのカット・アップで聴けるように、ダブやレゲエへの嗜好に拠るところが大きく、またその一方で、ラッパーSensationalとの長きに渡るコラボレーションのもと、ニューヨークの異質なヒップ・ホップ遺産に発展的解釈を施した作品もリリースしている。 Joy OrbisonとWill Bankheadが指揮するHinge Fingerのカタログ1番にも抜擢されたMadteoのディスコグラフィーは実に幅広い。Workshop、Latency、Meakusma等のEPや、それらと並行したSex Tags Mania傘下のWania、Sahko RecordingsとThe Trilogy Tapesからの傑作アルバム3枚など、現時点でもすでに多様なレーベルからリリースを重ねている(カセット・オンリーだったThe Trilogy Tapes発のアルバムは、後にFIT SiegelのEst. 83’ Recordsによってヴァイナル化されている)。 クラブ・プレイを志向する音楽の”へり”で活動するアーティストの中でも、最もリスナーを困惑させる存在のひとりといって間違いないMadteoは、10年以上に及ぶニューヨークでの生活で自身の世界を掘り下げ続けてきた。その荒々しく切り取られた、つんのめるようなサウンドスケープは、エレクトロニック・ミュージックのあらゆる規範にきれいに納まることを拒絶するかのようである。確かに、ここ10年間のSahko Recordings、WaniaやWorkshopといったカルト・レーベルからのリリースによって確固たる信頼を勝ち得てきた彼だが、それはあくまで表向きの世評に過ぎない。実は彼の最大の魅力は、Soundcloudにアップされた短いトラックやTumblrへの謎めいた投稿、そして昨今最も注力している自身のBandcamp上でのみ触れることができる分類不可能なDIY作品に秘められている。 Madteoが自称する$treet Wax DJスタイルは彼のディスコグラフィーに名を連ねるレーベルのラインナップ同様にレンジが広く、世界中のレコード・ショップやスリフト・ストアのバーゲン・コーナーからの掘り出し物で密に構成されている。そのセレクションは明らかにメインストリームの裏側にフォーカスしたもので、B級のリズムボックス・ビートには不釣り合いな熱量を湛えたヴォーカル作品やローファイなアシッド・トラックのような世間一般からは見過ごされてきたレコードが、すべて空間をロックするというただひとつの意図を与えられて彼のもとへと旅立ってゆく。 以上ここに述べてきた多彩な活動を踏まえれば、Ruzzonが無視できない存在であることは誰もが素直に認めざるを得ないだろう。 Madteo, known to his family and friends as Matteo Ruzzon, is at once a single-minded producer and a voracious DJ. It was his move to New York in the mid-90s that shaped Ruzzon’s musical world. The grim beauty of NYC seeps deeply into his being and by extension, the music he makes. Slowing the city’s relentless pace down to a crawl and amplifying the results, strange apparitions of melody and voice (often his own) swim to the surface. His dense, blunted production style draws as much from his love of dub and reggae as it does from the subtle maximalism of Italo and the cut-ups of The Bomb Squad, while his career-spanning work with rapper Sensational further expands upon NYC’s unique hip-hop heritage. Besides providing the first 12” on Joy Orbison and Will Bankhead’s Hinge Finger label, his broad discography includes EPs for the likes of Workshop, Latency, and Meakusma alongside standout albums on the Sex Tags affiliated Wania, Sahko Recordings and The Trilogy Tapes (a cassette-only release later given a full vinyl reissue on FIT Siegel’s Est. 83’ Records label). Without a doubt one of the most confounding artists operating on the fringes of "club-oriented" music today. A longtime New Yorker, he's dug his own hole for more than a decade, carving rough, stuttering soundscapes that refuse to sit comfortably in any "canon" of electronic music. Reputation-wise, he's got endless cred, with a decade of releases on cult labels like Sähkö, Wania, and Workshop, but does most of his unclassifiable thing in the DIY margins, via ephemeral SoundCloud tracks, cryptic Tumblr posts, and most recently on his own Bandcamp page. His self-styled $treet Wax DJ style is as wide-ranging as his label affiliations, and draws heavily from the bargain bins of the worlds’ record shops and thrift stores. His musical palette is bought clearly into focus behind the decks, as overlooked vocal heaters trade off against scuzzy box jams and raw acid workouts, all with the singular intention of rocking the room. As with everything Ruzzon does, it comes with an honesty that’s impossible to ignore. ”MOLDIVE” 2013年、KAITOとg'n'bにより始動した”MOLDIVE”は二人が遊び育ったclub"NOON"を拠点として、毎回その時一緒に遊びたいアーティストを全国、世界各地より、有名無名問わず招聘。2018年にはPLO Man(Acting Press)、DJ SOTOFETT (Sex Tags Mania)のJapan Tour を開催。また、今年2月には再びPLO Manを迎え、予想を超えるハプニングと未だ見ぬ音楽体験を求めて、タフで熱狂的な夜を更新してきた。 そして今回4/26(金)は、7年前にNYで出会い、一緒にパーティ出来る日を楽しみにしていた奇才MADTEOが遂に登場!ローカルメンバーには、NYのQueensで彼と時間を共にしたKANO & YOSHIMIを迎え、完全予測不可能な夜を皆様にお届けします。
    • Event admin
      kaitoUpdate this event
    • Last updated
      2 years ago
    • Promotional links
    • Cost
      ¥2000 + 1Drink Fee
    • Was there a problem with the event?
      Contact RA ticket support
  • Moldive with Madteo - Flyer front