Eric Duncan Japan Tour 2019

  • ̸

    Lineup

    Studio: Eric Duncan (Rub N Tug | Know Wave | NY) EZ (Mild Bunch | Tilt) Fraser Cooke (Mild Bunch | Nike) Maxxrelax (Mild Bunch | blackmaps) Contact: JUN "JxJx" SAITO (YOUR SONG IS GOOD | KAKUBARHYTHM) Yuka Mizuhara foliday (HALO) - Special Guest DJs - Yoppi (Hombre Niño) Elli Arakawa Foyer: Yoshihiro Sakurai Atsuko Satori (PALM BABYS) AKEMI
  • Share
  • 『ニューヨークの雄による異端ディスコグルーヴ』 ニューヨークで起こるダンスミュージックの進化は、ディスコサウンドへ多大な影響を常に与えてきた。この街の持つ奔放なエネルギーと深夜の生息者たちが時代ごとに新たな輝かしいグルーヴスタイルでディスコを打ち出してきたからだ。その文化をまさに体現しているのがEric Duncan。さまざまな名義とコラボレーションで生み出されている圧巻の作品群では、そうした問答無用の魅力を放つグルーヴを踏まえた未来のスタイルが提示されている。 Dr. Dunks名義ではエディット作品とオリジナル作品で称賛を得ている一方、おそらくもっとも彼が知られているのは、Thomas BullockとのプロジェクトRub N Tugだろう。Rub N Tugのリミックスワークはインターナショナルなポップミュージックの精鋭からアンダーグラウンドの最深アーティストに至るまで多方面から絶賛を博し、2005年の金字塔ミックス「Campfire」により、David Mancuso、Larry Levan、Nicky Sianoといったニューヨークの偉人たちに並ぶ盤石のセレクターとして評価を確固たるものにした。 まったく異なるジャンルを鼓舞せずにはいられない流麗なストーリーへとつなぎ合わせる術を心得たEric Duncanは、新旧の多彩なスタイルを自由に行き交う真のディスコ表現者だ。面倒な意識から解き放たれ、感じるままに身を任せたいのなら、今回のジャパンツアーでContactに登場する彼のDJを見逃すわけにはいかない。 「Crucial grooves on the fringes of disco from a New York hero」 The evolution of dance music in New York has always pivoted around the looming influence of disco, with the wild energy of the city and its nocturnal denizens pushing the sound into fascinating new shapes with each successive era. Eric Duncan is a true embodiment of this culture, having built up a formidable body of work in various guises and collaborations, all centered around modern extrapolations of that irresistible groove. He’s carved out a celebrated catalogue of edits and productions as Dr. Dunks, but he’s perhaps best known for his work as Rub N Tug alongside Thomas Bullock – their remix accolades reach from the international pop music elite to the deepest underground acts, while their seminal Campfire mix in 2005 cemented their reputation as impeccable selectors in the tradition laid out by Mancuso, Levan, Siano and the other NYC greats. With a keen understanding of how to stitch together disparate genres into a flowing, infectious and truly uplifting narrative, Duncan is a pure embodiment of disco in all its many-headed, liberating forms, from the old to the new. That should tell you all you need to know about freeing your mind for your ass to follow when he lands at Contact on his Japan tour. Open 10PM ¥1000 Before 11PM ¥2000 Under 23 ¥2500 GH S Members ¥3000 w/Flyer ¥3500 Door
  • Eric Duncan Japan Tour 2019 - Flyer front