Laraaji - Tokyo Premiere Shows - *Solo Long Set

  • ̸

    Lineup

    Laraaji [from NYC] - solo long set 1st set OPEN 16:00 / START 16:30 * 2nd set OPEN 19:00 / START 19:30 * *各セット150席限定・全席座り / Limited to 150 seats only for each set
  • Share
  • 澄み渡る空、開かれる静域。巨匠Brian Enoに見出され、近年のニューエイジ/アンビエントの再興により生ける伝説となったNYCのパーカッション奏者/電子音楽家Laraaji(ララージ)待望の単独初来日ツアー。 テン年代初頭よりエレクトロニック・ミュージックの新潮流の一つとして拡張を続けるニューエイジ/アンビエントの権化とも言える、ミュージシャン、パーカッション奏者、”笑い瞑想”の施術者でもあるLaraaji(ララージ)の東京は単独公演、全席座りで2回のロング・セットを披露、大阪、京都を巡る待望の単独初来日ツアーが決定。そのキャリアは70年代のストリート・パフォーマンスからを始まり、Brian Enoに発見されアンビエント・シリーズへ参加以降、Harold Budd、Bill Laswell、John Cale、細野晴臣、Audio Activeなどとコラボレーションを果たし、近年のニューエイジの再興から発掘音源含む再発で再び注目を集め、後世に影響を与えたオリジネータとしての新世代の音楽家Blues Control、Sun Araw、Seahawksとのコラボレーション作品、遂には新譜もリリース、各国でのツアーやフェスティバルに出演し、ワールドワイドに活動の幅を広げている。風のようにそよぎ、水のように流れる瑞々しいアルペジオや朗らかなドローン、土のようにほっこりとしたソウルフルなボーカルや温かなアナログ・シンセ、ドラム・マシーン、テープ・サンプリング、瞑想的なアンビエントから時にボーカルも織り交ぜたパーカッシヴなシンセ・ポップ、ヨガのワークショップまでも展開。風、水、空、土といった自然への回帰と神秘さえも感じさせる圧倒的な心地良さと静的空間、情報渦巻く現代のデジタル社会に”癒し”として呼び起こされる懐かしくも新しいサウンドとヴィジョン、ニューエイジの真髄が遂に本邦初公開を迎える。 Laraaji [from NYC] 本名エドワード・ラリー・ゴードン・ジュニア、1943年生まれのアメリカ人 。ツィターによる瞑想的な演奏と共に、ニューエイジ/アンビエント・ミュージックの生ける伝説として知られる。70年代にストリート・パフォーマンスをはじめ、ワシントン・スクエア公園で演奏していたLaraajiを見かけたBrian Enoに声をかけられたことから、1980年リリースのアンビエント・シリーズ第3弾『Ambient 3: Day of Radiance』に参加し、脚光をあびる。その他の代表作には、神々しい弦の反響と反復を繰り返す『Celestial Vibration』、電子モードのツィターが天空のドローンを描く『Essence / Universe』、大胆なボーカルとともに深く拡張していくAudio Activeとのダブ作『The Way Out Is The Way In』などがあり、またHarold Budd、Brian Eno、Bill Laswell、John Cale、細野晴臣などとのコラボレーションやライブ音源含め、これまでに多数の作品を発表している。近年はWARP傘下となった〈All Saints〉から新作『Bring On The Sun』やコンピレーション『Celestial Music 1978 - 2011』に加え、Blues Control (RVNG Intl.より) やSun Araw、最新作ではSeahwksとのコラボレーション、また〈Leaving Records〉からの発掘音源など、近年のニューエイジ/アンビエントのリヴァイヴァルも相交わり新旧共に活発なリリースとライブを展開中。音楽と平行して笑い瞑想のワークショップも行っている。 Laraaji [from NYC] Laraaji is a musician, mystic and laughter meditation practitioner based in New York City. He began playing music on the streets in the 1970s, improvising trance-inducing jams on a modified autoharp processed through various electronic effects. Brian Eno saw him playing one night in Washington Square Park and invited him to record an album for his seminal Ambient series (Ambient 3: Day Of Radiance, released 1980). Laraaji went on to release a prolific series of albums for a wide variety of labels, many of which he recorded himself at home and sold as cassettes during his street performances. In recent years he has had his career celebrated extensively, with two All Saints/Warp retrospectives Celestial Music 1970–2011 and Two Sides of Laraaji – as well as reissues on Glitterbeat and Leaving Records/Stone Throw. He has also collaborated with a new generation of underground musicians such as Sun Araw, their new LP Professional Sunflow (Superior Viaduct) being the fruit of the live shows they played together in 2014. In September 2017 All Saints release a stunning pair of LPs of new studio recordings by the celestial music pioneer. Bring On The Sun is an epic double album that runs the full gamut of ‘Laraaji music’, from blissed-out percussive jams to reflective vocal hymnals to trance-inducing drones. A perfect Laraaji entry-point on his never-ending creative journey through inner light. The record is recorded by Davey Jewell (Peaking Lights/Flaming Lips) and mixed by Carlos Niño (Leaving Records). Sun Gong is a major new self-contained work experimenting with gong micro-tonalties processed through various electronic effects. The results are unlike any music he has made before - two side-long long-form pieces that evoke the sound of a shimmering metallic eternal wave.
  • Laraaji - Tokyo Premiere Shows - *Solo Long Set - Flyer front
    Laraaji - Tokyo Premiere Shows - *Solo Long Set - Flyer back