Low End Theory Japan

  • Venue
    Contact
    • Shintaiso Building B2F, 2-10-12 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0043 Japan
  • Date
    14 Jan 2018
    Sun 16:00 - Mon 23:00
  • Promoter
  • Attending
    • 25
  • ̸

    Lineup

    Studio: Daddy Kev (LOW END THEORY | LA) Nobody (LOW END THEORY | LA) D-Styles Teebs Fumitake Tamura aka Bun Daisuke Tanabe Seiho Contact: “90BPM TAKEOVER” Muta Funnel Conflict XLII (XXXSSS Tokyo) raudica O-Parts Biscco Yohei Torii Kavvd Foyer: “TRANE x Hermit CITY RECORDINGS” ΔKTR Cram EMARLE ILL SUGI Jun Nagaosa Midori Mizubata Salty Tajimahal Yagi
  • Share
  • 『LOW END THEORY®が最強の布陣で日本再上陸』 ロサンゼルスを震源地に、ヒップホップとヘヴィーエレクトロニクスをミックスする唯一無二の重低音サウンドで、ビートミュージックシーンを現在進行形で牽引し続けるLA屈指のパーティLow End Theory®が日本にやってくる。主宰者であるDaddy Kevを筆頭に、D-Styles、DJ Nobodyのレジデントが一堂に会す記念すべきサンデーアフタヌーンとなるのが、2018年の新年を飾るLow End Theory®JAPANだ。日本では2014年の春以来となる、ご本家LAのお墨付き、堂々にして念願のオフィシャル開催実現であり、2017年本国アメリカにおける設立11周年を経てますます勢いを増すフル体勢での来日公演となる。ゲストには、彼等と数々のステージを共にしてきたLAのドリームスケープビートメーカーTeebsが急遽同行決定、サポートには、総帥Daddy Kev直々のラブコールにより、Fumitake Tamura aka Bun、daisuke tanabe、Seihoら、本国Low End Theory®のステージでオーディエンスに鮮烈な印象を残した、日本勢ビートエクペリメンタリストたちが集結。LAとTYOを繋ぐ鉄壁布陣が「ローエンド理論」によって文字通りステージを重低音色に色濃く染め上げるだろう。 「LOW END THEORY® brings the heat to Japan once again」 The LA based Low End Theory® fuses hip hop and heavy electronics and in the forefront of the beat music scene in LA comes back to Japan. Along with its boss Daddy Kev, residents D-Styles and DJ Nobody showcases their unique sounds for a Sunday afternoon edition of Low End Theory®JAPAN 2018. LA’s beat maker Teebs will be joining forces along with Fumitake Tamura aka Bun, daisuke tanabe and Seiho bridging the gap between LA and Tokyo. ¥3000 W/F (+1 DRINK¥600) ¥3500 Door (+1 DRINK¥600)
  • Low End Theory Japan - Flyer front